【自宅でできる】乳児湿疹・新生児にきびの5つの対処法

新生児にきび 乳児湿疹

生まれて3週間。頭にフケ・油かすようなものがたくさんできてしまっている

・赤ちゃんの頭に白いかさかさ
・眉毛の上に黄色い油かすようなものが見られる
・ Tゾーンや顎、目の下等にニキビのようなものがたくさん

これは脂漏と呼ばれるものです。
新生児ニキビや乳児湿疹等と呼ばれています。

「厳密に言うと種類は違いますが基本のケアは同じ」

この新生児ニキビができる原因なのですが、
新生児の時期は必死や汗など新陳代謝がとても活発」
なので顔や頭に汗をかいたとき、脂漏がたまりやすくなります。

特に夏に生まれた赤ちゃんに悩まされるお母さんが多いようです。
新生児ニキビや乳児湿疹はどの赤ちゃんにでも現れる症状の1つ。

早く治してあげたいと思ってお医者さんに行くお母さんも多いのですがちょっと待ってください。

お家でもできるケアはたくさんあります。

何の説明もしないお医者さんに行って強い薬を出されて逆に後々まで治らなくしてしまっている

いわゆる間違ったケアをされている方がとても多いのです。(良いお医者さんもたくさんおられますが適当なお医者さんも多い)

問題はお母さんがそれを間違ったケアだと気づいていないこと。
まずおうちでできるケアを徹底してあげてください。

その前に定義

 

乳児湿疹→顔のボツボツや頭から黄色い汁がでる

脂漏性皮膚炎→乳児湿疹と同じ。この黄色い汁をかきむしることによって飛び火のように全体に広がるもの

新生児ニキビ→おでこや頬にみられるもの。白っぽいポツポツ

 

新生児にきび、乳児湿疹の5つの対処法

・1,ベビー用せっけんとオイルケア

とにかく清潔にすることが1番。
新生児のニキビがひどい場合は

「ベビー用せっけんの前にオイルケア」
が有効です。(無添加にこだわってください。)

ベビーオイルやオリーブオイルなどでいちど拭き取ってあげて、それからベビー石鹸で洗ってあげるのが有効です。

女性で言うところのメイクを落とす時にするダブル洗顔のような感じです。

・2,保湿はクリームよりもジェル

その後丁寧に保湿してあげます。
オススメはクリームよりも水っぽいジェル状のもの使うのが良いです。(経験談)

病院に行くとワセリンが出てくると思いますが
このワセリン

・塗りにくい
・落としにくい(長時間皮膚の上にあると酸化する)

のが問題。

ワセリンだと逆にベタベタしすぎてしまい、次の洗顔の時にも脂を落としきれずにその表面の油が酸化して逆に炎症を引き起こしてしまう原因にもなります。
(石鹸だけではなくワセリンの油の洗い残しが増える)

ドラッグストアなどに行くと
薬剤師さんから「ワセリンは赤ちゃんにはきつすぎる」と説明を受けるはずです。

・3,ステロイドは1週間以上続けて使わない

※重要です。

ステロイドと言う薬そのものが悪いのではなく
間違った使い方をしてしまうのが問題

皮膚科に行くとほぼ100パーセントの確率でステロイドを処方されます。
このステロイドと言う薬は
肌を治す薬ではなく免疫を下げる薬です。

ただでさえ免疫力のない赤ちゃんにこのような薬を使うと後々必ず後悔することになります。

新生児にきびと言うのは病気でもなんでもありません。放っておいたら勝手に治るものです。しかしこの時期にステロイドを使ってしまうと

知らない間に、
「乳児湿疹」から「ステロイド性皮膚炎」に移行してしまう場合があります。こうなると完治するまで何年もかかります。

「ステロイドは短期間使って治ったらすぐにやめるべき薬ですがだらだらと使い続けるケースがとても多い。」

こうなるとずっとステロイドを使い続けなければなりません。これが今赤ちゃんなのに肌荒れやアトピーの方が増えている原因ともなっています。

ステロイドは安易に処方する病院側にも問題があると思いますがそれを薬だと思って使い続けるお母さんにも問題があります。

「本人は良かれと思ってやっていること」

が新たな病気、肌荒れを生み出してしまうことになります。
くれぐれも、何の説明もなしにステロイドを処方するような病院に大事な新生児の赤ちゃんを連れて行くことはやめましょう。

・4,外からのケア

頻繁に爪を切ってヤスリがけをする
ミトンを使う
等などが考えられます。

かゆいから掻きむしる
どんどん悪化する

ニキビや乳児湿疹はいったん発症してしまうとこのような悪循環をたどります。これではいくら

洗う・保湿

を徹底しても意味がありません。
必ず爪を短くしてヤスリがけし、赤ちゃんが顔を爪で引っかかないようにします。

場合によってはミトン(手袋)を使ってあげてください。

5,母乳の質

ミルクのみの場合は問題ありません。
ただ、母乳で育ててる時は
ママの食事もすこし気を使う必要があります。

とはいえ、あまり気にする非通用はありませんが…

栄養が健やかな皮膚を作ります。

・チョコレートなど甘いものの食べ過ぎ
・インスタント食品
・アルコール

これらは母乳を通じて赤ちゃんにいくと、皮膚を乾燥させてしまいます。
かぼちゃやさつまいもなど糖分の高い野菜も控えます。

乳児湿疹は大人から見ればかなりひどくみえてしまうものですが、この時期の赤ちゃんは発症する子のほうが多いです。常に清潔を考えていればそのうち鎮火・収束します。

そんなことよりも大切なこと

■まとめ

とにかく清潔にしてから保湿するのが基本。

赤ちゃんってそういうものだと割り切る(時期が来れば治る)

良かれと思ってやっていることがほんとうにいいのかどうか疑問を持つ(過剰なケアをしない)

新生児の時期を過ぎれば
そのうちにきれいになるので心配はいりません。
しかし、3ヶ月を過ぎても一向に治らない場合はいちどお医者さんへ

私はこの時期はステロイドは一切使いませんでした。

何も考えずにステロイドを処方してくるお医者さんもいるので必ず2件以上の病院を回るセカンドオピニオンをお勧めします。

ステロイドは保湿クリームではない

ステロイドはしっかりとした知識を持って容量を守って使うのには問題ありませんが間違った使い方をするととんでもないことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>