コップで飲む練習方法が分からない

コップ飲み練習

【生後7ヶ月 コップ飲み練習】

コップで飲む練習どのように練習すれば効果的か?

コップで飲む、自分が当たり前にしていることを小さな子供に教えるのって、ほんとうに難しいですよね…

当たり前に、なんにも考えずにしているからこそ、いざ教えようと思うと、どうやって教えたらいいんだろう??

と、なりますよね。
7ヶ月でコップ飲みは早いとは思いますが
どうせ、いずれは練習するので慣れさせておくだけでもOK。

まずはコップで遊ばせる

いきなり飲ませる練習はしません。
水などの飲み物はスプーンであげて慣れさせます。
そして、空のコップで形だけの練習です。

また、この月齢からの練習するのであれば
一般的に言われる幼児用のコップではなくもっと小さいおちょこなような形の物から始めてみましょう。
もちろん、プラスチックのもの。

ままごとで飲むマネの練習でもOKです。
これは、男の子の場合でも構いません。

一日何回か決めて続けると覚える速度も早くなります。

参考意見

手付きのコップを殻で持たせて、口に当てることからはじめます。それが定着したら、中に水分を入れて練習するといいと思います。

参考意見

コップに慣れることから。持ちやすいコップをおもちゃがわりに渡して、口をつける&持つ練習を。慣れてきたらお風呂で好きなように飲ませてみる。あっとゆー間にコップ飲みが出来るようになりますよ。

参考意見

まずは空のコップで口をそろえてつけて上を向く練習をさせて慣れてきたら少し飲み物をいれてとやっていました。

最初は極々少量から

準備が終わったら最初は、少しだけ入れて、練習。
飲む量に関係なくとにかく1口分だけ。
そのほうが「こぼした時の」被害も少ないです。

「口とコップとの距離がわからない」
ので最初は絶対にこぼします。

また、飲める確率のほうが少ないのでベランダやお庭、お風呂で練習するのが良いですね。いくらこぼされてもまったく問題ありませんから。

ミルクよりも被害の少ない水がおすすめ。
このようにして、練習だと思わずに遊びだと思うと気が楽です。

参考意見

コップのみの練習の最大のコツは、とにかく持ちやすく軽いコップに、ほんの少しだけ入れて飲ませること??です。いきなり、大人のようにゴクリとは飲めませんから、ほんとにほんの少しを口に入れて飲み込むことから覚えさせたらいいと思います。

少しにしておいたほうが、こぼす、飲み込めず吐き出すときの被害が小さくすみますし。笑

軽い、持ち手のあるコップに、ほんとのほんの少しお茶など入れて始めてみてください。そのときは、お母さんも一緒に真似してコップのみをしてくださいね。赤ちゃんはママの真似が大好きですから( ^ω^ )

練習はお風呂で

赤ちゃんの口に合わせた小さなプラスチック性のコップに、お水やお茶を入れて練習するのをお勧めします。お母さんが手を添えてあげて、一口づつゆっくりとあげましょう。初めはお風呂場で練習すると、こぼして濡れてしまっても直ぐ洗えるので安心です。

7ヶ月はまだ早いという意見も

手の神経の発達やまだ視力が良くないことから
まだこの月齢でのコップ飲みの練習は早いのではないかという意見です。

これは、私もそう思います。
「コップ飲みの練習」
と言うよりは
「コップに慣れる練習」
と言った方が良いのかもしれません。
なので、練習する時も飲めたら奇跡ぐらいの気持ちで。

この時期は、ほ乳瓶やストローで飲めれば充分。
なのでコップ飲みの練習もあくまで遊びだと思って割り切りましょう。

参考意見

生後7ヶ月ではコップ飲みはまだ難しいのではないでしょうか?
うちは1歳位から私が飲むのを真似して飲むようになりました。
こぼしますけど(笑)

まとめ

「できなくて当たり前」
です。なので、失敗を前提にコツコツと。
毎日やっていれば、絶対にいつかは飲めるようになります。

大人で、ストローやコップで飲めない大人はいません。

大切なのは、お母さん自身が
「子供の遊びが1つ増えた」
くらいの気持ちで考えてそれにしっかりと付き合ってあげることです。

そして、お母さんも一緒にコップで飲む動作をする
というのもとても大切です。
親が子供の傍で手本を見せてあげる。飲んだ後は口の中も見せてあげる。

そうすることで、真似をしたくなりどんどん子供は成長します。逆に、お母さんは子供に飲むことを勧めるだけでは子供はなぜそれをやらないといけないかが分からずに反発してくしまうかもしれません。

「早く飲めるようになってほしい」
こんな事は今全然考える必要もありません。
そしてほかのお子さんと比べる必要もありません。
これは1歳まではどんな人にも言えるのですが比較しても意味がありません。
それぐらい、個人差が大きいということです。

「コップ飲みの練習」
練習と書いてしまうとどうしてもトレーニングのように受け取がち。でも、それは大人の常識です。

赤ちゃんにとっては
「コップ飲みの練習」も「粘土遊び」も同じ遊びなわけです。
なので、お母さんも練習だと思わずに気軽にやってみてください。

これは遊びだと思えば、うまく飲めなくても失敗だと思わずに許せるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>