布おむつのメリットとデメリットまとめ

布おむつ

「オムツ代ってこんなに高いの!」

楽だと思って紙おむつにしたけれど毎月のおむつ代金が高すぎる

・使ってしまえばただのゴミなのにおむつの代金が家計を圧迫

・紙おむつは確かに便利だけれどこれに関わるお金を外に回せばもっといいおもちゃやベビー服何かを購入することもできる

・車がないのでおむつだけをいちいち買いに行くのは面倒

こんな理由で紙おむつから布オムツ変えてみようかなと思っているお母さんも結構多いはずです。

紙おむつは
新生児の時なら毎月1万円以上。それ以降でも月に5,000円以上はかかります。

いくら便利とは言えただ捨てる物にこれだけのお金をかけるのはちょっと苦しいですね。

で、布おむつってどうよ?

そんな方のために今回は布おむつのメリットとデメリットについて。簡単にまとめてみたいと思います。

布おむつ+おむつカバーでワンセット

布おむつ+カバー

要するにカバーと中身ですね。
中身の布おむつはおしっこやうんちをしたら毎回変えるもの。おむつカバーはそこまで頻繁には交換しません。

布おむつの種類は、

反物タイプ、輪っかタイプ、ナプキンのような成型タイプの3種類があります。

成型タイプはたたむ手間がはぶけます。干すだけなのでオススメは絶対に成型タイプ。

しかし、他のタイプに比べると割高になります。

もし初期投資を抑えたいのであれは輪っか方のオムツが1番安く済みます。後で書いてますがフリマなどで購入するならどのタイプのおむつでもタダ同然の値段で手にはいります。

布おむつのメリットとデメリット

  • 繰り返し使えるのでコストパフォーマンスが良い
  • オムツはずれの時期が早まる
  • 感触が良い
  • ゴミが出ない
  • 姑への体裁が良い
  • 洗濯するのが面倒
  • 外出先でも捨てられない
  • 電気代金と水道代金

布おむつのメリットとデメリット

・繰り返し使えるのでコストパフォーマンスが良い

最初にまとめて購入すると選択を繰り返すことでずっと使うことができます。

初期投資は1万円位です。
水道代や電気代を別に考えるとおおよそ紙おむつ1ヵ月分の代金でずっと使える

こんな感じです。

確かに水道料金は上がるかもしれないけれど布おむつはとにかくコストパフォーマンスが高いです。

・赤ちゃんにとっては「気持ち悪い」。だからオムツはずれの時期が早まる

早い子供なら一歳6ヶ月、遅い子供でも2歳半位でオムツが外れる

布おむつはおしっこをすると「濡れている」間がダイレクトに行きます。これが子供にとってはとても不快。

紙おむつはおしっこをしたとしても不快感はありません。あるとしたら重さのみ。

「おしっこをすると気持ち悪くなる」

これがおしっこを我慢というかコントロールする気持ちを育てます。結果オムツが外れるのが早くなります。

濡れたらすぐ泣くので頻繁に変えることができ、それが親子のスキンシップにもなります。

・感触が良い

紙おむつはいくら柔らかいとは言え所詮は紙です。

大人でも紙ナプキンでかぶれる人がいます。肌のやわらかい赤ちゃんが紙をずっとお尻に当てているのはかなり不快のようです。

柔らかい布には勝てません。そして布だったらおむつ代をケチらずにいくらでも変えることができるのでずっと快適な環境を提供することができます。

・ゴミが出ない

繰り返し使えるのでゴミが出ない。なのでeco。

・姑への体裁が良い

説明するまでもありません。笑

次はデメリット

・洗濯するのが面倒

毎日全交換している紙おむつの分だけ洗濯物が出ます。これがかなりの量になります。

特に寒い冬の洗濯はきつい。

なので普通に家庭で出る洗濯物と同じ時に洗うような工夫が必要です。

例えば最初に漂白剤を入れたバケツを用意する

・おしっこの場合はそのまま漬け込む
・うんちの場合はうんちだけをトイレに捨てて水でバシャバシャと笑ってから漬け込み

そして家族のものと一緒にまとめて洗う。
このような工夫をすることで面倒な洗濯も少し減らすことができます。

・外出先でも捨てられない

外でおしっこやうんちをした場合でも布おむつは捨てることができないので持って帰らないといけません。

長時間の外出では布おむつはかなり荷物になります

また、漏れることがあるので外出先夜寝る時なんかは重ねる枚数を多くするなどの工夫が必要です。

・電気代金と水道代金

水道料金でも一律の場合はあまり影響は無いかもしれませんが上下水の場合はかなり金額が上がります。

布オムツを使用するときの注意点

・男の子、女の子によっておしっこの場所が違います。

成型タイプであれば問題はありません。
しかし反物タイプや輪っかタイプの場合は布を重点的に合っている場所も違うので変えてあげる。

・とにかくなれる。慣れると少し手間がかかるだけなので布の方が快適になるかも。夏は少し汗をかくだけでも交換することができます。子供のおむつかぶれの防止にもつながります。

・大きさは太ももに合わせて選ぶ

股ぐりと言われる太ももの部分にピッタリ合うことが1番大事。
特にゆるゆるのうんちの時は少しでも隙間があると思れます。

・成型おむつでもフリマや中古品で充分

頻繁に変えなければならないので何も新品を買う必要はありません。

とにかく安く済ませたいのであればフリーマーケットかリサイクルで購入するのが1番安上がり。

たとえ成型おむつ100枚を購入したとしても1,000円もかかりません。

布おむつは紙おむつに比べてむれにくい?

このように言われていますがこれは違うと思います。

確かに紙おむつは蒸れやすいですがそれは何回もおしっこをしても長時間放置するから。これに尽きます。

布おむつは毎日30分に1回程度は自分で指を入れてかぶれていないか確認しないといけません。

そして1回1回おしっこをしたらすぐに交換してあげないといけません。

これが布おむつのほうはむれにくいといわれている理由です。同じ時間オムツをつけっぱなしでいるともちろん布おむつの方がムレる確率は高くなります。

とはいっても子供は不快感から泣くので布おむつはとにかくこまめに変えてあげなければいけません。

むしろ紙おむつよりもかぶれやすいです。

100パーセント布おむつだけを使用せずに紙おむつと並行して使う

まとめ

紙おむつからののオムツへの移行を考えておられる方。
最初から布おむつだけで子育てをしようとされている方

色々な方がおられると思いますが紙おむつも布おむつもどちらも一長一短です。メリットもあればデメリットもあります。

なのでもし布おむつを使おうと考えててもそれだけで頑張ろうとせずに、

疲れた時や夜寝るとき、外出するときなどは紙おむつにするなど紙おむつのいいところも併用すればがんばらなくても続けられるはずです。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>