【赤ちゃんの爪を切る方法】タイミングと注意するべきポイント

赤ちゃんの爪切り

思ってるよりもすぐに伸びる赤ちゃんの爪。そんな爪を安全に切るには、、、

お悩み時期:5ヶ月。その他いろいろ

・赤ちゃんはすぐに手をグーにする
・とにかく爪が小さい!
・じっとしていることが少ない
・なによりも身(肉)を切らないか恐い、、、

こんな悩みがありますよね。
しかし、赤ちゃんの爪を切らないと

・かゆいところを伸びた爪でかきまくる
・皮膚炎を引っ掻くとそれが飛び火する場合もある

こんな理由から
新生児の時からキレイにしっかりと切ってあげる必要があります。

あ、くれぐれも大人用のもので(眉毛カットなど)で代用しないでください。
形は非常に近いのですが鋭さや怪我する可能性の範囲が全然違います。

やはり、つめきりはベビー用のものを
(爪切り型・ハサミ型どちらでもやりやすい方で構いません。)
爪が割れやすい子どもの場合は、爪切り・ハサミは使わずにヤスリで削るだけでも大丈夫です。

赤ちゃんの爪を切るときに注意するべきポイント

・お昼寝中にこっそりと

やっぱりこれが鉄板ですよね。
99%のママは「寝ている間」にお子さんの爪を切っているのでは?

しかし、中にはやっと寝てくれた子どもに対してすぐ起こしてしまうのでは?と躊躇してしまうお母さんもおられると思います。

そんな時は、とりあえず寝入りばなは避けましょう。

少なくても寝てから30分位立ってから切ってあげてください。
寝ている隙にこっそり切る。しかし、ちょっとした物音や触ったりすることで動いたりするの で要注意です。

※寝てから30分位してから切り始める。
そして「寝てるとき、切れる指だけ」起きたらそこで終了

・2回(2日間)に分けて切る。一度で全部やろうとしない

1回で全部やろうとすると時間もかかっちゃいます。
「今日は右手」「明日は左手」「明後日は両足」みたいな感じで一回の爪切りの時間に時間をかけないようにすると
ママのハラハラドキドキの時間も減ると思います。

上の「寝ている時に切る」でも書いていますが起きている時に絶対に切らせてくれない赤ちゃんは
起きてしまったらそこで爪切りは終了です。

焦らずに何日もかけてゆっくり切っていくようにしましょう。
(長さが揃わない…という問題もありますが)

・お風呂上り(爪が軟らかい)に切るためには?

爪が一番柔らかくなって切りやすいのがこの「お風呂あがり」です。
とはいってもやりやすさは寝ている時には勝てるはずもなく…

ということでお風呂あがりに爪を切るときは
「何かに夢中にさせる」
のがお勧めです。

YouTube、DVD、絵本…月齢に合わせなんでもいいです。
授乳時に合わせて切っているというお母さんも多かった。(ミルクの場合は無理ですが)

その隙に切ってしまえば赤ちゃんも徐々に
「起きている間の爪切り」に慣れてきます。

*やっぱり寝てる時が一番安全です。

まとめ

爪切りを泣いて嫌がる赤ちゃんは
その特定部位(指先や爪)などを「さわられ慣れていない」のが原因です。

起きている間でも寝ている時でも機嫌よく爪を切らせてくれるようになるには
指先や爪をお母さんがいつもナデナデしている癖をつけてみてください。

そうすることによって触られることにも慣れ、どんな時でも機嫌良く切らせてくれるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>