突然母乳を飲まなくなる原因とお母さんのケア

母乳を飲まなくなった

【2ヶ月】母乳を飲まなくなった

■ある日突然、母乳を飲まなくなった

・母乳を拒否、ミルクは飲む
・母乳を絞って哺乳瓶に入れても飲まない
・オッパイが張って、痛みが出てくる

このように赤ちゃんがある日突然おっぱいを拒否るケースがあります。

■突然母乳を飲まなくなった原因

・乳腺に詰まっていた、古いオッパイが出て、赤ちゃんが嫌になった
・お母さんのストレスが赤ちゃんに不安となり伝わった
・乳腺炎になると熱が出たりする

おっぱいが熱を持っている場合赤ちゃんは母乳を嫌がります。
おっぱいは吸われないとすぐに量が減る・詰まるなどの症状が起きるのでなるべく
赤ちゃんには頻繁に吸ってもらうことが重要です。

■母乳を諦め、ミルクへの切り替えをお勧めします

・まずは婦人科を受診しましょう

古いオッパイが出ていて、赤ちゃんがオッパイの味を嫌になったのかもしれません。
おっぱいを美味しくする方法は次の5つの方法があります。

1,とにかく赤ちゃんに吸わせる
2,冷たいものは夏であっても極力摂らない
3,1日2リットル以上の水を飲む
4,チーズ・牛乳・バター・マーガリンなどの乳製品は控える
5,とにかくよく眠る

この時期は特に赤ちゃんが寝てる間に何かをしようというのではなく赤ちゃんと同じくらい寝るほうが重要です。
ちなみにストレスや疲れが出ると母乳もその分減ります。

・ミルクでも赤ちゃんは育ちます。

嫌がる赤ちゃんに無理やり母乳を飲ませるのは逆効果です。
母乳にこだわる人も多いです。

しかし、私はその方の気持ちがよくわかりません。

子育てはただでさえ大変です。
出ないのにマッサージなどすると逆にストレスがたまります。
さっさと、ミルクに切り替えたほうがストレスも溜まらずにすみます。

・乳腺炎になると大変です。

助産師さんなどをさがし、オッパイのマッサージをしてもらい、溜まったオッパイをしっかり絞り出し、乳腺炎予防をしましょう。

これになるとものすごく痛いです。

まずは、母乳を飲ませる姿勢をチェック

ゲップを必ずさせることで母乳を飲んだら苦しくなるという記憶を消すことができます。

まとめ

母乳の量を増やすには赤ちゃんに吸ってもらうのが一番効果があります。
しかし、母乳を飲まなくなった時は割り切りも重要です。

  • おっぱいが出るときは母乳
  • 出ない時はミルク

でなんの問題もないはずです。ミルクにもメリットはたくさんあります。

このような考えに変えるには

「これはダメ、あれでもダメ」という思考から
「これもいい、あれもいい」という思考に切り替えて子育てをする必要があります。

このような考え方になると一気に子育てが楽になるので試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>