離乳食をはじめてから便秘がひどいです

離乳食を始めてからの便秘

・出させてあげないと出ない
・昔から便秘じゃなく離乳食をスタートしてから出なくなった
・おならが頻繁でくさい

うちの子もそうでした。
離乳食をはじめてから急に便秘が始まり、ひどいと1週間うんちが出ないときがありました。

今回は「離乳食を始めてからの便秘の対策」についてです。

腸が離乳食に対応できていないのが原因

母乳の時に比べて
・消化が難しい
・水分摂取量が減る
・月齢に対する運動量が足りない

などなど

この時期の便秘は摂取する栄養素がいきなりガラッと変わったために腸が対応できていないのがも原因。
逆に言えば、しっかりと消化・吸収しようと頑張っている証拠。なのであまり深く悩む必要はありません。

・水分補給
・離乳食の見直し
・2回食なのであれば1回に戻してみる

などの基本的な対策で十分です。

うちの場合は、極端におっぱいを飲む量が減ったので水分が不足していたように思います。

離乳食をよく食べてくれましたが、おっぱいも意識して多くあげるようにしました。
食後にお茶もスプーンであげたり、バナナ、りんごなど食物繊維の多い食材も意識してあげました。

離乳食を始めてからの便秘。チェックするポイント

△特に水分量のチェック

便秘の原因の大半は水分不足の場合が多いです。
なので、まず一日にどれだけの水分を摂取しているのか?を調べる必要があります。

乳児の水分摂取の具体的な計算方法は

体重1キロあたり150mlの水分。こんな計算で大丈夫です。
コレを参考にしてこれ以上の水分をしっかりとれているかをチェックしてみてください。

また、水をあまり飲もうとしない場合は
離乳食の時に一品かならずスープを加えるようにしてみてください。

△ベビーマッサージ

お腹をサスサス!!
ベビーマッサージをしてあげました。おなかを円をえがくようにさすってあげました。
効果の程は分かりませんが毎日続けるとそれなりに実感できると思います。

△ 運動量をアップ

身体をよく動かすようにあそんだりしました。
赤ちゃんも運動するとおなかが刺激されて便秘解消になるようです。

そのためにはしっかりとハイハイできる環境を作ってあげます。
ずり這いはあまり便秘を解消する運動としては効果なし
家にハイハイできるスペースがないほど散らかっていた時期があったのでこまめに片付けました。

おむつ交換の時に
「足を持ち上げて自転車漕ぎのような運動」も効果的です。

△さつまいもは強い味方。でも食べさせるときに注意

さつまいもも食物繊維が多く便秘解消にはもってこいですが、さつまいもは唾液をすってしまうのであかちゃんはとても食べづらいようです。

さつまいもをあげるときは、白湯で潰して水分の多い状態であげるといいと思います。

まとめ

・体重1キロにつき150mlの水分量を目安にする
・お腹マッサージを習慣にする
・しっかり体を動かす運動をさせてあげる
・さつまいもは強い味方

こんな感じで乗り切りましたがやっぱりどうしても苦戦する時もあります。

そんな時はやっぱり最終手段です。

綿棒にベビーオイルを含ませてやさしく刺激してあげてください。奥にいれる必要はありません。綿棒が抵抗あったら、おしりふきにオイルをふくませておしりの穴を刺激してあげてください。

便秘のときに、一番効果があったのがおしりの穴を刺激してあげること。
ただ、これを毎日の習慣にするのはどうかな?と思いますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>