ずりばいの仕方が他の子と違う

ズリバイ事情

【生後 6ヶ月 ずりばいのやり方】
★ズリバイがなかなかうまくできない
★なんか他の子どもとやり方が違う
★他の子どもよりも遅いようなので心配

今回は生後6ヶ月の赤ちゃんのずりばいについてです。
他の子どもとうちの子供が違う
と焦るお母さんも多いようですが、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

ズリバイは移動する手段では無い

最後にも説明してありますが、
ズリバイを移動する手段、練習などととらえておられる方が多いようですが実は違います。

ズリバイは、赤ちゃんが成長するための運動。
いわば筋トレなわけです。

赤ちゃんオリジナルの筋トレ。
個人個人が頭の中で考えているのかはわかりませんが
その方法は自分自身で生み出したものになります。

なので、赤ちゃん10人いれば、
10通りのズリバイのやり方があって当たり前なわけです。

これで、やり方が他のこどもと違うというのはお分かりいただけたと思います。

そして、今回もズリバイはどうでした?

みたいなアンケートとってみました。
まさに、千差万別な結果になりましたので他の赤ちゃんがオのようなズリバイをするのかというのも併せてご覧ください。

まさに個性、さまざまなズリバイ?を見てみよう

色々と聞いてみましたが皆さん笑えるくらい個性的です。
また、みんなができるというものでもないみたいです。

回転して床を移動する

赤ちゃんはみんなが同じ動きをするわけでもないです。全くハイハイしないで、ゴロゴロと回転しながら移動する赤ちゃんもいます。ちゃんと成長していくので大丈夫です。

いきなりハイハイしだす

うちの子はずりばいせずに、ハイハイだけでしたよ。同時期のベビーたちがずりばいする中、仰向けに寝転んでいただけでした・・。ちなみにベビーたちのずりばいも十人十色でしたよ。

前に進まず、後にしか進まない

うちの子もずりバイのときは前に進まず後ろにばっかり進むので変だな~と悩んでいました。
でももう少し経つとハイハイになりちゃんと前に進んでくれました!
ずりバイの仕方も1つの個性ですよ!

膝をつかずにハイハイする

●気になさらなくて大丈夫だと思いますよ。どのようなずりばいをしているか分かりませんが、現在10か月の息子も、ハイハイのとき膝をつかない不思議なスタイルです。

●うちの娘ははいはいではなくたかばい(膝をつけずに四つん這いの状態)でした。
でもしっかり歩けてます。
その子その子によって個人差があるみたいなので深く考えない方がいいと思います。

3人兄弟でもぜんぜん違うズリバイ事情

ずりばいは子供によってやり方もする時期も違うので心配ありません。

3人の我が子のずりばい事情は、
1人目、とにかく全てにおいて遅かった。
2人目、ずりばいの記憶なし、あっという間にハイハイした。
3人目、上の子たちがいると早いと言うが、遅い。グルグル回ったり後ろに進んでみたり、手が前に出ず顔を床に思いっきりぶつけて泣いたり。転がる方が早いので転がって移動している。

よく玩具を少し前においてずりばいの練習をさせろ、的な情報があるが、うちの子には全く効果がない。

乳幼児学級、同じ年齢くらいの赤ちゃんがいる施設などに行き、はいはいの見本になるような子を探して、その子がはいはいするのを見せる。目コピさせる。そうすると、その日のうちにハイハイが出来るようになった経験がある。

片腕しか使わない

●赤ちゃんは一人一人違います。うちも高ばいからはいりましたが、片足だけひきづっている感じでした。三人子どもがいますが、そのうち上手になると思います。

● うちの子も、片腕ばかり動かしてずり這いしていたので、骨や筋肉に異常があるのではないかと心配しましたが、全く問題ありませんでした。

お尻で進む

うちの子のずりばいは、一般的に言うお腹を床につけた状態で手や足の力で前に進むものではなかったです。
大型犬や猫がいたので、ベビーベッドの中にいることが多くスペースもなかったせいか、
うつ伏せではなく、お尻をつけた状態で前に後ろに進んでました。
ハイハイもなく、つかまり立ちして歩き始めましたよ

その家その家の床の材質や服の素材によっても変わる

いろいろと聞いてみましたがいかがでしたでしょうか?

ズリバイ事情はまさに個性。まさに千差万別。
調べてみて思った以上のカオスっぷりに思わずニヤニヤしてしまいました。

ちなみに
畳とフローリングでも、ずりばいのフォームが変るらしいですよ。

冒頭でもご説明した通り

ズリバイ=上手に移動するためのものではありません。
赤ちゃんが生み出した、全身の筋肉を鍛える運動なのです。

「いわば赤ちゃんが生み出した筋トレのやり方」

大人目線で見るとズリバイなのですが
個人で見るとやり方がみんな違うのは当たり前なんです。

その子が楽しく、がんばってずりばいしているのなら、それが正しいのです。
もちろん、やり方が違ったり、やらなかったりしてもそれは赤ちゃんの性格なので全く問題はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>