赤ちゃんが泣き止んでくれない時に劇的効果をもたらす【動画】

泣く赤ちゃん

紹介ママからのメッセージ

こちらの動画はあかちゃんが泣き止む動画です。私が思うに育児中のママが苦戦する夜泣きですがうちの子の場合はこの動画をみせると数分で寝てくれました。

はじめは軽い感じで泣き止んでくれたらいいなくらいでした。
まさかここまで効果があるとおもいませんでした。

お子さんにより合う合わないがあると思いますが試してみる価値はあると思います。

すぐに泣き止むようになったら次になぜ泣くのかを考えてみる

動画で
赤ちゃんが簡単に泣き止むようになったら次はなぜ、赤ちゃんが度々泣くのかを考えてみましょう。

赤ちゃんがなく原因は
・生理的なもの
・環境的なもの

の2つがあります。

生理的なことで泣く場合はほとんど問題がなく

  • 「お腹が減ったのでミルクがほしい」
  • 「おむつが濡れて気持ち悪い」
  • 「眠くなってきている」
  • 「風邪気味・熱がある」

などなど、これらの場合は育児中には仕方ないこと
(むしろ子どもの大切な成長過程で必要なことです)

問題は環境的なもの

赤ちゃん=泣くもの
ですがそれを真に受けての放置はお勧めできません。

環境的なことが原因で泣き止まない場合は改善の努力が必要です。

ママがイライラしていては、赤ちゃんもリラックスできません

  • ママに相手をしてほしい
  • 愛されている実感がない
  • 両親が喧嘩ばかり

などが赤ちゃんが頻繁になく・泣き止まない
環境的な原因になります。

「まさかそんな些細な事で?」
あなたはそう思うかもしれません。

しかし、
乳幼児のその時の「空気を察する能力」は大人には全くわからないほどすごいものです。
(犬を飼ったことがある人なら分かるかもしれませんが犬の察する能力に似ています。)

このへんが改善しなければいくら「動画」をみて泣き止んだからといっても根本的な解決にはなっていませんよね。

頻繁に泣くのが環境的な問題であればそれを解決する

・より多く抱っこをする

抱き癖なんてつきません。抱っこされることで子ども母親の愛情を感じるようになります。自立心の芽生えにも役立ちます。

・パパママ喧嘩をしない(少なくても子どもの前では控える)

これはなかなか難しいかもしれませんが子どもの前では喧嘩は出来る限りしないように。
疲れているなどの些細な理由で喧嘩するなどもってのほか

ただの責任のなすりつけ合いになります。
そして、
子どもは自分が原因で喧嘩しているもの

と思ってしまいます。

コツは「旦那に過度な期待をしない」こと

特に男性は「子どもの月齢が低い場合は育児そのものをよく分かっていない」のが問題です。

・優しい言葉をかけてあげる

「大好きだよ」
「パパ・ママのたからもの」
こんな言葉が子どもの精神状態を安定させます。

・スキンシップをしっかりと

オルゴールなど心地いい音楽を流しながらが効果的。

「お腹をなでてあげる」
「体中にキスをする」
「寝ている間も手を握ってあげる」
「テレビを見るときはママのお膝の上」

こんな些細な事でも赤ちゃんは安心します。

・外出する

部屋にこもりっきりになっていませんか?
さすがに一日ずっと家の中だと赤ちゃんも知らず知らずストレスが溜まります。

1ヶ月をすぎれば外出はOKなので日中はできれば1回は外気にふれるようにしましょう。

まとめ

まとめ

今回は泣き止まない時に見てほしい動画をご紹介しました。
しかし、根本の原因が分からなければいくら動画を見せてもママのその時のストレスは減りません。

「火事が起こるたびに火消しをしているようなもの」

生理的なことで泣くのはしかたありませんが環境的・精神的なことで頻繁に泣くのは

その火事そのものを起こさないようにしてあげる

事が重要です。そのために覚えておいてほしいこと、それは

「子育ては時間が経つほど楽になっていく」ということ。
在宅介護はその逆です。

「子どもが泣き止まない」
これに悩む時期は子育ての中でも「人格を形成する一番大切な時期」です。

誰しも通る大変な道。
どうか、泣き止み動画を併用しつつ赤ちゃんが泣く原因なども考え、乗り切ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>