体重が増えない

生後8ヶ月体重が増えない

【生後 6ヶ月 体重 増えない】

今回は、生後6ヶ月の赤ちゃんの体重が増えないという問題についてです。

今まで、右肩上がりだった体重のグラフが
いきなりピタリと止まってしまうととても心配になりますよね。

心当たりもないし…

ということでなぜ体重が増えなくなるのかという事について見ていきましょう。

ちょうど増えなくなる時期・個人差があって当然

成長曲線の平均からはみ出ていますか?

1番チェックするべきところは成長曲線の中にあるかどうか?
です。

この頃はちょうどハイハイ・ズリバイ ・早い子であれば伝い歩きができるようになる時期と重なります。
今までずっと動かなくて、どんどん体重が増えていきましたが。
運動量が著しく増えることで体重が増えないのはむしろ当たり前のことです。

ぐんぐん増えていた体重が運動量の増加とともに緩やかになって行く時期。

要するに、消費するカロリーが増えただけの話
この場合は、成長曲線の間に入ればなんら問題はありません。

参考意見

うちの息子も6カ月くらいのときはほとんど増えませんでした。今も細いです。最初はとても気にしましたが、大人と同じで体型は様々で当たり前ですよ。

参考意見

母子手帳にある成長曲線内にあれば異常ではありません。この頃になると運動量も増えてくるため体重増加は抑えられるようです。

参考意見

私の息子も軽めの赤ちゃんでした。医師に相談したところ、著しく軽いという訳ではないし、身長は伸びているので大丈夫と言われました。周りはいろいろ言いますが、医師の忠告がない限り、大丈夫だと思います。

参考意見

体重の増えは個人差が大きいので、あまり気にしすぎなくていいと思います。その子が必要と感じている量を飲むことができていれば心配ないと思います。

母乳が足りない場合もあります

完全母乳で育てている場合

新生児期や生後3カ月の時などに比べて
一回にたくさんの母乳を飲めるようになるので
その回数に対して、母乳製造量が追いついていない可能性
があります。

・いつもよりも授乳時間そのものが短くなっている場合は体内にある母乳そのものの量が足りていないのかもしれません。

その場合は、授乳間隔をあけて多くの母乳を作る時間を設けるために1日一回腹持ちの良い粉ミルクに変更します。

要するに、完全母乳で育てている方で明らかに母乳が足りないのが原因の場合は、ミルクを1日1回しっかり飲ませたうえで、その時間をお母さんの母乳を溜める時間にします。

また離乳食始めてみてもよいでしょう。
しかし、 「生後6ヶ月離乳食食べない」の記事でも書きましたが、この時期の離乳食食べるならば食べていいけれど

・食べないのであれば無理に食べさせようとする必要はありません

母乳や粉ミルクだけで充分です。
また、頑張って作っても結局食べなければゴミになってストレスが増えるだけです。

寝る前にミルクを100足してみる

参考意見

母乳ばかりなのであればミルクを混合してみてはどうでしょうか?ミルクもあげていて離乳食も始まっているのであれば一ヶ月くらい様子をみてみても良いのでは?

参考意見

母乳やミルクじゃ足りてないかも。離乳食を進めてみてもいいかもしれません。実際、我が子もそう栄養指導を受けました。

参考意見

母乳やミルク、離乳食の進みはどうですか?
体重の増加は個人差があるので心配でしたら近くの支援センターなどに頻繁に通ってみるとよいと思います!

その他の原因

母乳が足りていないのではなくて,おいしくない

の場合は、お母さんの1日に摂取している水分量のチェック。
そして、香辛料の入った食事をしていないから、脂っこい食事をしていないかなどのチェックが必要です。

特に、お母さんが薄味の日本食を食べるこの国では

「赤ちゃんの舌は味に対して非常に敏感になります」

いつもご飯と味噌汁のような日本食なのに、たまに中華料理屋カレーなどを食べると極端に拒否されますのでご注意を。

まとめ

余談ですが、赤ちゃんの体重の増えについては3ヶ月まではよく見ておかなければなりませんが3ヶ月を過ぎると増え幅をほとんど気にする必要はありません。

ちょっとでも増えていればそれでいいわけです

ガリガリで食が細い、病気しがちなど、何か気になる問題がなければ心配はいりません。

食べる量やミルクの量を増やせるようであれば増やしてください。

6か月というとよく動く時期ですので、赤ちゃんの消費カロリーは意外に大きいものです。育児は教科書通りにする必要はありません。その子に合ったペースで離乳食を進めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>