そろそろ離乳食!卒乳・断乳の体験談

卒乳・断乳
そのおっぱいからの卒業

今回は卒乳についての体験談になります。

と、その前に卒乳と断乳の違いについて
ざっくりと言ってしまえば

・卒乳は子供の意思
・断乳は親の意思

この違いだけです。単語が違うだけで2つとも特に大きな違いはありません。

重要な事は、ママ・子供ともに納得の上でそのタイミングを見極めること。その子の個性があります。

基本的には10ヵ月から12カ月位の

・飲まなくなりはじめた、嫌がる時期がちらほら

このタイミングが止め時になります。

体験談ここから

私は2人子供を育てていますが卒乳は、しっかり分かり始める1歳頃までに行うのがいいと思います。

物心がつく1歳半~以降ではなかなか止めにくいという話もよく耳にします。

自分で服をめくれるようにもなるし、寝るための安定剤の役割に変わる前に卒乳をしてしまう方がママも赤ちゃんも負担が少ないと思います。

そして、1度やめるときめたら、その時からおっぱいをあげない!というのも大切なことです。
泣いてる姿を見ると、ついあげたくなるんですけど、ここであげてしまうとなかなかやめられなくなります。”

でも、1歳がそろそろだから卒乳しよう。は、待ってください。

卒乳にもポイントがあります。

・しっかりご飯が食べれる。
・母乳以外で水分がしっかり取れる
・今まで以上のスキンシップが必要なことをお母さん自身がわかっている

これらが卒乳及び断乳を始めるときのポイントになります。

何より、おっぱいという精神安定剤をやめてしまうので、ハグや抱っこなどのスキンシップを今まで以上にしてあげることが大切です!!

時間のない時など、おろそかになりがちですが、辞めて間もない間は特に手を止めてスキンシップを心がけてあげてください。

キーワードは3日

卒乳に向けて、まず日中の母乳を卒業することから始めるのがいいと思います。

3日あげないと忘れると聞いたことがあるので、3日頑張って気をそらせてください。

お風呂などでは、絆創膏を貼ったり、飲む際の目線になる部分に目玉を書いて、怖いが見てるから飲むの辞めよう。など。

と、あと◯日でおっぱいとバイバイしようね。と声をかけて赤ちゃんにも心構えをしてもらうのもいいと聞きます。

日中の卒業ができたら、いよいよ夜の寝かしつけも含めた全ての卒乳です。

最初は泣いて飲ませてアピールがすごいと思いますが、ここでママが負けてしまっては赤ちゃんも泣けばもらえると学習するので心を鬼にしてあげない!で通してください。

我が家はこの方法で2人とも2日目から欲しがらなくなりました!!
大変ですが、頑張りましょう。

■1歳頃の卒乳、まとめ

断乳および卒乳はやはり非常に労力を伴いますよね。

1歳位が目安で、それ以上達人やめにくくなるというのは本当のようですが。
それも子供の個性です。
「うちの子はまだまだ無理だろうな…」
と思ったら無理に育児書に合わせる必要はありません。マイペースで大丈夫です。

でもいちど決めたのであれば頑張って実行してください。今日はオーケー、明日はNG。これが1番赤ちゃんを混乱させてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>