予防接種が多すぎてよく分からない

予防接種まとめ
予防接種の種類が多すぎる

お子さんが生まれてからの
予防接種のスケジュールの組み方や注意点などについてまとめています。

とはいってもすべてを覚える必要はありません。

全て把握する必要はなし!半分以上医者や役所任せ

080710

参考意見

● 1歳まではかなり予防接種が多いです。
まず、2ヶ月からうてるヒブからはじめて、

次からのスケジュールは、かかりつけの小児科の受付で相談しましょう。
自分でスケジュール管理をする必要はありません。
たいがいの病院では全部予定を組んでくれます。

私はかかりつけの小児科の先生にスケジュールはおまかせしています。

まずは相談に行かれてはいかがでしょうか?
小児科や保健センターの保健師さんなどに問い合わせると予防接種の優先順位のアドバイスしてくれます。

ちなみに短期間で済ませたいなら同時接種がおすすめだと思います。

● 「スケジュールを組んでくれない時は市の保健所にも」
通っている病院に相談してみるのがいいと思います。
無料で受けられるもの、自費で受けるものなど様々。

看護師さんが表を書いてくれたり、次回はこれですよ。とか詳しく教えてくれたりすると思います。
それでも教えてくれなければ、市役所なんかで聞いてみると、保健所などが対応してくれるみたいですよ。

● 「区でもらった予防接種一覧がとても見やすくわかりやすい」

予防接種の時期になると家に市などから送られてくるものがあると思います。

・費用がかからない予防接種=必ず受けなければいけないもの
になります。

「無料で行える定期接種」
「自費で行う任意接種」

それに従い順番にやっていくのをお勧めします。任意で費用のかかるものはお医者さんや家族と相談して決めるといいです。

わからない時は小児科に電話したり直接行った時聞きます。
丁寧に優しく教えてくれてその日するべき予防接種と次はいつ頃なのか教えてくれます。

※迷ってしまう人は、かかりつけの病院に電話して、1度目を相談しましょう。後は、スケジュールを組んでくれるので心配いりません。

自分で管理する場合は?

予防接種のスケジュール管理

● 子供の予防接種って、一度の複数受けられます。
小児科に行く時に、
「今日受けられる予防接種があればついでに受けたい」
「次回受けられるものはついでに受けたい」
「何日以降なら複数個同時に打てますか」

などと相談して、なるべく少ない回数で終了するようにしました。

母子手帳に予防接種を記録するページがあるので、そこに鉛筆などで何月何日~と記録しておけば、日付を忘れても確認できます。

● 「管理できるアプリもあります」
予防接種の予定や接種記録を管理できる無料アプリを活用すると良いと思います。複数の子どもがいてもそれぞれ管理できるようになっています。

● 予防接種のやらないといけない回数もすべて書き出し、接種したものから消していく。
そして、予防接種をした病院にて、次の接種するものを、その都度確認していく。

とりあえず、一ヶ月は絶対に間を空けて!

そして、自分でもある程度把握しておきたい場合は
もっと短期間で打てるものもあるけれど管理がややこしくなるので取りあえずは
「1ヶ月空ける」
とおぼえておきましょう

参考意見

● とりあえず1か月あければどの注射も打ってよかったはず。
なので私はとにかく1か月あけて次の、1か月あけて次の、とやっていました。

2週間あければいいという種類の予防接種もありましたがわけわからなくなるので。
最近では病院のほうから次は〇日頃これが打てますよ、と言ってくれるところもあります。

まとめ

まとめ

・小児科で相談するとほぼスケジュールはおまかせ状態でOK
・もちろん自分の意志で単独摂取・同時接種の選択も可能
・基本、無料で摂取できるものだけでも充分(その場合は市に相談)

遺伝的なものがあり、任意接種も受けたほうが良い場合もありますが基本的には
無料で行える定期接種のみでもOKです。

大きな声では言えませんがここにも商魂というかマーケティング的なものがかなり絡んでいます。
当然、小児科でも任意接種をすすめられると思いますが実は
日本では全然安全なものもワクチンに含まれている事実もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>