短肌着をいつまで着せていいのか分からない

短肌着いつまで

【生後 6ヶ月 短肌着】

そろそろパツパツなんですけど
みんな短肌着はいつまで着せてるの?

大柄の男の子であれば
そろそろサイズ的にキツくなってくるのが短肌着です。

しかし、
「出産から今までを考えて短肌着を卒業するとなると寂しさが残りますよね」

そもそも、短肌着はいつまで使うものなのでしょうか?

いろいろな育児書を見ると

・動けるようになるとだんだん解ける
・寝返りができるようになったら卒業
・赤ちゃんがハイハイをするようになったら

いろいろ書かれていますよね。

今回は、赤ちゃんの服の中でも1番思い出深いであろう短肌着についてです。

基本的にはいつまででもOK

短肌着は、なかなかサイズアウトしないですよね。

特に、いつまでといった決まりは無いと思います。

強いて言えばおすわりができたら卒業といったところでしょうか?
(前開きでは無い頭からかぶるタイプの肌着は座った状態でないと聞けにくいから)

夏のパジャマとしても使える

決まりはありません。着心地重視で単なる枚数の一枚と考えてください。我が子は捲れ上がりやすかったため股スナップの長肌着ばかり着せていました。
脱ぎ着させやすい、温度調節に丁度いいなど、メリットがあれば着せ続けたらいいですし、重ねた服がごわつく、暑そう(寒そう)などデメリットがあればやめたらいいです。
肌着として使わなくても、夏のパジャマとして使っているママ友もいましたよ。

腰が座らないと着せにくい

いつまでじゃないといけないというのはないので、サイズが合っている間は着ていてもいいと思います。サイズが合わなくなって丈が短くなったり、動きが活発になって前開きを着せるのが大変だと思うようになったら、かぶりの肌着や服にしたらいいと思いますよ。それに、かぶりの服は腰がすわってお座りがしっかりした方が着せやすいです。

9ヶ月だけどまだ着用

着れる限り着せています。前開きで検診の時などにサッと脱げるし便利だから。病院の受診時もパッとお腹が出せるのでスムーズです。もう9ヶ月になる我が子ですが、まだ着てますよ。
おすわりがまだグラグラするので、かぶりの下着は着せづらいです。かといって、ボタンの下着はボタンをとめるのに時間がかかってイライラ。笑。ちょっと寒いと思ったときは普通の肌着に重ね着したりしています。腰もしっかりしておすわりが上手になったらやめようと思っています。

短肌着とオムツは夏の定番

出産前に短肌着を用意したときは、半年くらいしか使えないかな~と思っていましたが。1歳になった今でも肌着として使っています。食事で汚れてもいい洋服としても着させています。夏は短肌着とオムツで涼しく過ごしやすいです。

このように、 6ヶ月と言わず
9ヶ月、またまた1歳になっても使っておられるというお母さんもおられました。

なので、月齢にかかわらず
「本当に入らなくなったとき」
と考えて大丈夫です。

短肌着は万能かつ、 1番思い出深いと思うので出来る限り使ってあげてくださいね。

動きにくくなったりお腹が出るならロンパースに

基本的に短肌着はサイズが合わなくなるまで使うことができます。
しかし、動きまわったりできるようになると心配になってくるのが

「お腹が出てしまう」こと。
特に、寒い冬は要注意ですね。お腹が冷えてそこから風邪をひいてしまうなんてことはよくあります。

そんなときに次の候補としてはロンパース型の肌着になりますね。
私のうちでも、ロンパースは下着代わりに使っていました。

参考意見

よく動き回ったり、ハイハイができるようになったらお腹が出たりするので、ロンパース型の下着に代えてあげると良いと思います。

まとめ

・ハイハイなどで頻繁にお腹が出るようになった
・しょっちゅう寝返りをするのでひもなんか結んでられない

このような状況になるまでは短肌着は使おうと思えばいつまででも使うことができます。

いろいろ調べてみると、 8ヶ月から9ヶ月頃に卒業というのが一般的な意見でした。
しかし、それ以降でも使っておられる方は沢山おられます。

特に女の子の場合はなかなかサイズアウトがありません。
例えば、生後3・4ヶ月の時に買ったものも
1歳になっても余裕で入ってしまいますね。

そして、特に夏は
短肌着+おむつ
が最強に楽です。

トイレの時などを考えると暑い夏にボトムなんて履かせてられませんから。

このように、サイズアウトするまではいつまででも使える短肌着。
便利なので大きくなっても使いたい!

のであれば、わざわざ大きいサイズを選んで買うというのも1つの選択かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>