ストロー飲みの教え方が分からない

ストロー飲みの練習・教え方

【生後7ヶ月 ストロー】

ストローでの飲み方を教えているのに一向に上手くならない
最近では、ストロー付きのマグカップを見るだけで泣き出すようになってしまった

などなど、だいたい生後6ヶ月ぐらいから始めるストロー飲みの練習ですが

「うまくいかない」
というお母さんはとても多いです。

離乳食の後、何か飲めるようになっておいたほうが虫歯対策になる。
だから、なんとか飲めるようになってほしいけどストローを見せても吸ってみようという気配すらない。

この原因は何でしょうか?

赤ちゃんにとってストローで飲むというのはとても難しい

「授乳と同じ吸うことだから難しくないんじゃないの」
ほとんどの人がこう考えがちですが
同じ吸うという動作でも赤ちゃんにとっては全然違うんですね。

・その時の姿勢も
・ストローの太さも

何もかも違う赤ちゃんにとって
おっぱいを吸うこととストローで飲むというのは全く違う行動です。
そして、どうしたらうまく飲めるのかがイメージできないために
ストローで飲ませる練習というのは非常に難しいのです。

最初は小さいパックのジュースで練習

straw2

いきなりコップにストローをつけるのではなく
初めは小さいパックのジュースから練習します。

ストローつきのマグなどもありますが、少し敷居が高いような気がします。

最近はストロー飲みの練習用に
結構強い力で握っても中身が飛び出しにくい、円形型のパックも販売されています。

しかし、最初はそのようなものは使わずに、
お母さんがきっちり補助してあげた上普通の紙パックでのストロー飲みにチャレンジです。

この時、吸うことを教えるのではありません。
お母さんが紙パックを押してあげてストローの中から美味しいものが出てくるというのを教えてあげます。

もちろん、同じ紙パックを赤ちゃんと一緒に飲むことも忘れないでください。

参考意見

私にははもうすぐ1歳の子供がいます。ストローのみの教え方は私はパックのジュースやお茶でまずストローをくわえさせパックを少し押すと出てくるのでその繰り返して吸うことを理解しました。

参考意見

私の子供は、紙パックのジュースを軽く押して口にジュースを入れてあげたら、自分で吸うようになりましたよ。最初は、入れる量も分からないようで、口から少しこぼしたりもしますが、だんだんと上手になるはずです。

参考意見

市販のパックのジュースを最初のうち押してあげると、何か出てくる!吸ってみよう。って赤ちゃんが思うみたいで…少しずつ慣らしていけばいいと思います。


【離乳食教室】ストローの練習

飲めなかったり泣いたら練習をやめる

理由は分かりませんがすぐ飲めるようになること全然上達しない子に分かれると思います。

なので、ここから先は
習うより慣れろの精神でいきましょう

ストローの先から飲み物が出てくることさえ教えてあげれば
後は時間がかかってもいずれ勝手に飲めるようになるはずです。

これを、早く上達させたいからといって
1日何回などとトレーニング時間を取ろうとすると大抵うまくいきません。

そして、紙パックやストローマグを見るだけで泣き出すようになったら
ストローのみの練習は一定期間お休みしてあげることをおすすめします。

その時は、もはやストロー自体が嫌いになってしまっているのでその上で練習するのは何の意味もありません。

参考意見

そう言われてみれば難しいですね。
特に練習させた記憶はありません。
気がついたら飲めるようになっていました。

参考意見

子供それぞれの成長があるから、そのうち飲んでくれると思いますよ。
気長に見守ってあげてみたらいいんじゃないかな。

まとめ

ストローのみの練習と言うと
吸わせるコツを教えるような物と勘違いされがちですがそうではありません。

まず、赤ちゃんにストローを吸うことによって何かおいしいものが出てくると気付かせてあげるための練習になります。

最初から口に持っていっても絶対に吸いません。
最初から、チューチューすえる後はほとんどいません。

ストローからは美味しいものが出てくる

吸ってみたり咥えてみたりして色々試してみると偶然吸うコツが掴めた

みたいな感じで成長していきます。

ストローで飲めるようになるのは1歳3ヶ月ぐらいになってからでいい

これぐらいの気構えでゆっくりと経過を見守っていてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>