家の用事を済ませたい!そんな時に赤ちゃんがおとなしくしてくれる【動画】

家事と育児の両立

今回の動画はちょっと用事をしたいときに最適な「赤ちゃんが夢中になってくれる」動画です。

紹介ママからのメッセージ

おもちゃ、おえほん、お部屋のお散歩に飽きてつまらなさそうにグズグズしはじめた時、テレビにつなげて見せてあげると、とても大人しくお座りして体を前のめりにしてじっとみています。

家事をしたい時に重宝しています。

絵が赤ちゃんの反応しやすいカラフルな色ずかいで、展開も早く大胆な絵柄なので見ていてあきないようです。

子育てで手いっぱいで家事がおろそかに
そんな時に子どもに見せてあげたい動画がこちらです。

家事ができなくなる原因は他にも色々

家事がおろそかになってしまう原因は

・育児を理由に家事をやろうとしていない
・ご自身の要領が悪すぎる(やりだしたら完璧主義など)
・子どもが3人以上いて24時間時間がない

などの理由が考えられます。仕事と育児の両立はなかなか難しいですが
家事と育児の両立は少しの工夫で解決できます。

すべてお母さんが面倒を見なくてはいけないのではなく
子どもひとりでテレビをみたり、おもちゃで遊ばせたりする時間も大切なんです。
ということでその手助けとして子どもが夢中になるような動画を紹介させていただきました。
そして、さらに家事と育児を両立する方法はまだまだあります。その他色々と見て行きましょう。

キーワードは「いかにやる」じゃなく「いかにやらないか」

とにかく完璧に色々やろうとしてしまう人ほどこの症状に陥りやすいです。
結果、手抜きでだらだらやっている人よりもやった量が少ない

みたいな感じになります。

これを打破するには

・決めたらすぐにやること
・手を抜く所と抜かない所をしっかりと決めること
・毎日やらないこと
・60点主義
・いらないものは徹底的に捨てること

などの考え方が必要になります。
とにかく、考えないようにすることが一番重要です。
そして、完璧にしようとしないこと

「子育て中だからこんなもんでいいや」
みたいな肩の力の抜き方も必要になります。

そのために、「やらないところを決める」のが一番大事です。

・洗濯物は2日に1回
・掃除機は3日に一回。15分以上時間をかけない
・ご飯は大量に炊いて一週間分を冷蔵庫に保存

などの手抜きテクニックが必要になります。

自分の限界を知る

この問題で悩んでいる人は

一日でやらないといけない家事の量がいまいち把握できてない

何から手を付けたらいいのかわからなくなる

気がついたら何もできていない

で、その何もできないのを責任転嫁してしまう傾向にあります。
子供が・・・姑が・・・旦那が・・・私だって頑張っている。

みたいなことになりがちなのでこうならないためにも、
やらないといけないことと一日の量
を是非、紙に書き出してみてください。

言い訳を探すよりも効率化を探すほうがよっぽど生産的です。(^。^)

そして、その一つ一つをみながら
これはどうしたらもっと効率化できるかを考えます。

まとめ

専業主婦の仕事には終わりがありません。
だからどこかで線引が必要です。
こうすることにより全体像がみえて家事の時間は半分以下になります。

1日は24時間もあります。家事だけで何もできないということはありえません。
おそらく、自分で量を多くしてしまっているだけ・・・

ということで

・1日にやらないといけないことを書き出す
・その一つ一つがどうやったら短縮できるかを考えてみる

ぜひ、この2つを実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>