離乳食を嫌がる・食べてくれない

離乳食を食べてくれない

離乳食を嫌がって全然食べようとしてくれない

つい先日産まれたばかりと思っていた我が子。
色々と奔走している間にあっという間に5.6ヶ月。

もう離乳食デビューの時期。

離乳食のレシピ本・ネット検索をして、
本だしを使わずにちゃんと出しをとって食べやすくすり潰し、手間をかけた離乳食。

たくさん食べて!と意気込むお母さんも少なくないはずです。

でも、いざあげてみたら全く口にしてくれない、口には入れるものの吐き出してしまう。

すると、この手間はなんだったの?なぜ食べてくれないの?とがっかりしてしまいますよね。

「育児書にはあんなにおいしそうに離乳食を食べる赤ちゃんが映っているのに!」

こんな風に悩んでお母さんはとても多いと思います。
今回は離乳食を嫌がる時の対策。

対策というよりは、お母さんの心構えみたいな感じでしょうか。

離乳食を食べてくれなくて当たり前だと考える

離乳食を嫌がる

「焦る必要まったくありません。食べないのを当たり前だと考えてみてください」

まだ赤ちゃんは食べる練習段階ですから。
母乳やミルク以外にもこんな食べ物があるのよ、これはこんな味よ、お口でもぐもぐの練習ね、と気楽に構えてください!

育児書に乗っている子供はあんなにおいしそうに離乳食を食べているのは

・そのような写真じゃないと売れないから

これだけです。
育児本じゃなくて離乳食のレシピ本みたいな感じですね。

「食べさせるのではなく、味を教えてあげる段階」

この時期の赤ちゃんは母乳やミルクからの栄養でまだまだ充分なんです。
なので、これから食べるべき食べ物教えてあげるだけで充分です。
離乳食を食べないと栄養が偏るなどと思う必要は全くありません。

あくまでも練習!食事って楽しいんだと思ってもらう時期ですから、無理強いせず、お母さんも頑張りすぎずに行きましょう!

まだまだおっぱいが恋しい時期です

嫌がるときは無理に離乳食を与えずに、おなかがすくまで待ってみてください。それで、少しおっぱいをあげ(たっぷりあげてはダメ、導入だけ)そして離乳食を与えて下さい。嫌がったらまたおっぱい。根気いりますが頑張って!

まだまだおっぱいが恋しい時です。哺乳瓶でいろんなジュースなどの味にならせてあげて、あとは、大人が美味しそうに食べているところを見せてあげます。ニンジンやキュウリなどをおしゃぶりがわりにペロペロできるようにして味を知るようにしてあげてもいいです。

判断基準を決める

食べない時はどのようにしてる?

beauty3

要するに離乳食は「食べない」が普通です。
また、この時期に親が焦ってしまうと、子供はどんどんどんどんその逆の方向に行ってしまう傾向があります。

なので、離乳食の進め方などはあまり考える必要はないと思います。

ここでは、離乳食で悩んだお母さんたちの判断基準などについていろいろな意見を聞いています。

あくまで参考程度に。当たり前なのですがどこの赤ちゃんにも個人差があるので、まずは様子を見て。

参考意見

離乳食を嫌がるときは5分くらいしても食べないときは終わりにしてしまいます。6カ月のころはまだ母乳やミルクがあるので、食べなくてもあまり気にしませんでした。
何なら食べるか?食材や調理法を色々試し、わが子の好みを研究しまさした。この頃の食事は楽しみながらがいいと聞いたので、夫が帰ってきて3人で食事をしてみたら、ぱぱがいて楽しいのかよく食べるようになりました。

参考意見

うちの子の話ですが、離乳食を食べるとき私を含む家族がご飯を食べていないと離乳食を食べたがりません。逆に私達がご飯を食べていると少し前に食べたばかりなのに欲しがります。皆とおんなじようにしたいのかなぁと微笑ましく見ていました。

参考意見

息子は典型的な離乳食は嫌いでした。親が食べるものには興味を示すので、味を薄めたものをあげるとバクバク食べるようになりましたよ。お鍋や煮物はお勧めです。

基本的には、離乳食は栄養摂取ではなくて食べる練習です。なので、少し食べてくれただけでそれは事件なわけです。

考えてもみてください、生まれてから今まで母乳しか飲んでこなかった赤ちゃんが固形物を食べるようになるのです。

そして、それはこの先何年もかけてゆっくりと慣れていきます。
最近の育児書などは少し焦りすぎのような気がします。
どんな事でも、早く進めていこうという指導方針。

確かに、専門書などにこう書かれているととても焦ってしまいますが、特に母乳で育てられた赤ちゃんは離乳食に対する抵抗が大きくなるので、食べないのは当たり前ぐらいに考えておいてください。

心配しなくてもいずれ食べれるようになる

当たり前ですが、幼稚園になってまで離乳食の子供なんて存在しません。
誰しもが、自分のペースでいずれ食べるようになります。

なので、 1番ダメなのは
「焦ったり怒ったり強制したりしないこと」

・離乳食を食べてくれない
これは大人だけの常識です。
子供からすれば、
「なぜこんなものを食べなくてはならないの? 」
と思っているわけです。

まずは、あなた自身がこの子寄りの考え方になること。
外野の声を聞き流すスルー力を身につけること

離乳食を食べてくれるようにする対策

これはいったん考えないようにして、
どうすれば、焦ったり悩んだりしないかを考えるようにします。

下記にある、気楽な感じのお母さんたちの意見もぜひ参考にしてみてください

参考意見

うちの娘は8ヶ月くらいまで離乳食を上手に食べることが出来ませんでした。
一歳の誕生日の頃も、同じ月齢の子より食べれる物は少なかったです。
しかし一歳を過ぎたあたりからだんだん食べれるものが増えてきて、いま一歳半ですがとってもたくさん食べるようになりました。
離乳食のあげかたをネットで見たり本で見たりしていると、月齢に合わせてあげているのになかなかうまく進まなくて悩んだりもしましたが
離乳食にも赤ちゃんそれぞれ個人差があり、早いうちからたくさん食べる子もいれば
うちの子のようになかなか進まない子もいるようです。
今はまだ6ヶ月ということなので、焦らずに赤ちゃんのペースに合わせて進めていくのが一番いいと思います。

参考意見

うちの3番目の子も、離乳食をほとんど食べずに1歳を迎えました。あまり深刻に悩まず、時間や調理法をいろいろ試し、挑戦し続けて下さい。

参考意見

すんなり口をあけることが奇跡です!あまり嫌がるようなら、しばらく中断しても問題なし!いつか絶対食べてくれるようになります。

まとめ

6カ月なら、無理に食べさせなくても栄養的に全く問題ないです。

なので、焦る必要はないということをお分かりいただけたと思います。

離乳食の本などを見ていると5ヶ月頃からたくさんのメニューがあって焦りますが、成長には個人差があるものです。

しつこく繰り返しますがいずれ食べ物に興味を持ち始めるので心配しなくても大丈夫ですよ。

うちの子なんか、全粥を食べ始めたのが8ヶ月過ぎてからですが、それ以降が早くて、もうすぐ1歳になる今、親の食事まで欲しがって困っています。

走り出すのが遅くても走り出してからがはやい。
こんな個性がある子供もいるわけです。

それから、無理やり食べさせようとすると逆効果。
これは、本当にそう思います。

自分自身もストレスが溜まりますし、赤ちゃんは食べさせようとすればするほど反発します。

こうなると、子育て自体が嫌になる可能性が有ります。
なので、離乳食を食べてくれない時の対策

それは

「いつか食べてくれるので考えないようにする」

のが1番の対策です。
逆に、真面目に対策を考えすぎて

「味や調理方法をいろいろ工夫する」
これは、あまりおすすめできません。

味がいやとか柔らかさが嫌とかではなくて
ミルクが良いだけなわけです。

ここを勘違いしてふうふう農法に走ってしまうとその労力は徒労に終わってしまいますのでご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>