【全然食べない】赤ちゃんが食べない原因と長い目で見る重要性

あまり食べない赤ちゃん

赤ちゃんが食べたものを口から出して散らかすこと

お悩み時期:およそ一才三ヶ月

食べたものを、口からすべてだす

・子供用に取り分けて食べやすくしているのに出して入れての繰り返し
・口から出したものを周りになげる・散らかす
・スタイ、エプロンをつけたいのに、身体全体でいやがり、泣きながらひきちぎる。

こんなことが続くと

「育児書にはもうとっくにたべる時期なのになんでうちの子だけ?」
みたいな心配・疑問もろもろが出てきます。

で、それが
「うちの子は平均と違うんじゃ…?」
みたいな母親のストレスが徐々に

「よその子はちゃんと食べているのになんで食べないの!」
みたいなイライラ・ストレスにすり替わっていきます。

こうなると

食事の時間が憂鬱でたまらなくなる
親子間のケンカが絶えなくなる
子どもが食事の時間を嫌いになっちゃう

などなどいろいろマイナス要素がありますね。

じゃあ、この

  • 食べない
  • 食べたものを出す
  • ちょっとしか食べないのに普通の体重で元気に過ごしている

こんな原因は何なのでしょう?

食事の時間に食べてくれない・嫌がる原因

まず、スタイやエプロンを嫌がるのは首回りにあるものがいや、素材がいや

だからです。
これは徐々に慣れていけます。

しかし、

スタイの時間=楽しい食事の時間
ならいいのですが
スタイの時間=楽しくない食事の時間

との認識がずっと取れないようならば何歳になってもスタイを嫌がります。

そして、食事の時間を嫌がる・食べないのは

・家族(大人)の食事と自分のご飯が明らかに違う
・パパママが座ってる椅子と自分の椅子が違う
・お箸の形が違う
・そもそもお腹が減っていない
・その子がそもそも食べる時期ではない

などが考えられます。

ちなみに食べ散らかしは仕方ありません。ほぼ全員の赤ちゃんが散らかします。

ただし、ファミレス等行くとき、子どもの食べ散らかしは

「間違いなくおもいっきり陰口たたかれる」

ので注意が必要。絶対に片付けて帰るようにしましょう。

解決方法は?

・興味を惹かせるような工夫をする

食事のお菓子がネックになっていることが多いのでこれを出来る限り何とかします。

そのうえで

白ご飯を食べさせたい時は、大好きな海苔をサッカーボールみたいにつけて、興味と美味しくたべられる工夫をおこなう。

色々と工夫をしたにもかかわらず改善されない場合。
まだそんな年齢じゃない

との割り切り方も必要です。

・食べ散らかしは当たり前

注意2割:掃除8割です。

ちからすことは、仕方ないとわりきり、口にいれて食べるという動作はある意味、こどもの生きる力です。

こちらも深く考えずにほっておきましょう。
4歳・5歳になっても食べ物を口から出して外にぶん投げる子どもを私は見たことがありません。

・食事の時間は楽しい時間というのを理解してもらう

スタイや、エプロンに関しても無理はさせずに、まずは、食事をするということが楽しい、嬉しいと感じられるように!!

怒ったりせずに一緒に楽しむ。床にはビニールシートをしく。

などの割りきった工夫が必要。

まとめ

食事の時間が楽しいときと分かっているのであれば焦る必要は全くない

まとめてみると
いかに赤ちゃんに対して
「食事の時はみんな一緒の楽しい時間」であることを分からせられるかの一言に尽きるのではないかと思います。

どんな美味しい料理・離乳食でも
その時間が楽しくないものであればどうやっても食べてはくれません。

そして、子どもの食事に対する欲求は年齢差がとても激しい

ということも覚えておいていただきたいです。うちの子はこんなもんだと割り切りあまり深く考えないように

お母さんの勘違いストレスは子どもに伝わりそれこそ違う原因でご飯の時間が嫌いになっちゃいます。

子育てはひとときの時間です。

子供はすぐに大きくなります。笑っても怒っても1日は過ぎていきます。

その毎日が子供との絆を何重にもするのだと思います。子供の心に笑ってるおかあさんの思い出を。

いつも怒っていたよね?なんて言われないように、いつも笑ってたよね?と言われる子育て目指して頑張ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>