【赤ちゃんの服】肌着とウェアの種類や体温調節の目安

新生児の服

■「着せる服の枚数」基準は大人の服+1枚

新生児の赤ちゃんに着せる服は、今現在大人が着ている服の+1枚と考えて下さい。

素材はコットン100パーセントのもの

これが基準。赤ちゃんは肌がものすごく柔らかいのでアクリル系のものは肌が荒れる子が多くなります。

もちろん企業側もそれはわかっているのでおそらく売っているものはほとんど綿100のもののはずなので購入時に素材の心配をする心配はほとんどないと思います。

しかし、念のため確認するのをおすすめします。

■新生児の肌着と上着の種類

新生児の服の種類がわかりません

色々ありすぎて
しかも「英語名」が多いためにわかりにくいという方が多いです。
とりあえずまとめておきます。

基本「肌着」「ウェア」の2種類

その中に色々と形があります。

肌着

肌に直接着せるもの。
・短肌着、長肌着、コンビ、ウェアなどがあります。

①短肌着

fuku1

おそらく1番よく使う基本の肌着になります。
丈が短いそしてまたつかないためどんな上着にも合わせることができます。新生児の時期には特に重宝します。

②長肌着

袖が長くてスカート形のもの。足まで隠すことができるために秋冬に向いています。

ただこの長肌着ですが新生児の時期はあまり使わないと思います。なぜなら申請時期はほとんど外に出ることがないから。

なので準備するものは短肌着とコンビ肌着が少しあれば充分なのではないかと思います

③コンビ肌着

fuku2

短肌着よりも丈が長め。

股下でボタンを止められるようになっています。短肌着と比べてボタンが止められるので、はだけないのが特徴。

寒い時期は短肌着の上にコンビ肌着を重ね着することも。

④ウェアタイプ

こちらも股をスナップボタンで留めることができます。1ヶ月を過ぎたあたりで足の動きが活発になってきたときに便利です。暑い日なんかはこれ1枚で過ごせる時もあります。

ウェア

上着です。肌着の上から着せるもの

・2ウェイオール、カバーオール、ロンパース
この3種類が分かれば問題なしです。

①「新生児」2ウェイオール

fuku3

ツーウェイドレスとも呼ばれる。

ドレスオールタイプ
(足の部分が二つに分かれていない着せ方)

カバーオールタイプ
(ズボンのように足の部分が二つに分かれる着せ方)

の形にできるもの
2通りの着せ方ができるから2ウェイなんです。
ボタンの止め方で服の形が変わります。

ドレスオールタイプの着せ方はおむつ替えの回数が多い新生児のうちはとても重宝します。

少し成長すると赤ちゃんは足をよく動かすようになります。そうなると足の部分はやっぱりあったほうが便利。

なのでカバーオールタイプの着せ方をします。

②カバーオール

カバーオールは最も一般的なもの。
個人的には1番使いやすいものだと思います。

これの短いのはショートオールと言われます。

新生児の時期を過ぎ1ヵ月あたりから重宝します。

2ウェイオールもこの使い方ができるのですがボタンの股部分が浅いなどの理由がありカバーオールの使い方としてはイマイチな感じがします。

股下がズボンの形になっているので足をバタバタしてもはだける心配はありません。足の動きが活発になってくるとほとんどがこの形に定着します。

赤ちゃんが大きくなって上下別の服に着せるなるまではほとんどの人はカバーオール。

1歳くらいまではこれでも大丈夫です。

③ロンパース

fuku4

プレオール・ボディスーツなどとも言われます。
足の部分が丸出しになるタイプ。

袖丈、ズボンの丈朝に短いです。夏にオススメの服。

厳密にはウェアではなく、肌着としても上着としても使えるといったところでしょうか?

手作りされてるスライドショーがあったので紹介します。

■選択するサイズの目安

新生児は大体50から60センチのサイズのものです。

ただ性別や体型によって大きく変わるので一概には言えません。

季節にもよりますが短肌着が1番活躍するはずです。

と言うのも赤ちゃんはほとんどは室内で過ごすのでよほど寒い地域でない限り長肌着はいらない。

そして新生児の時期はウェアは2ウェイオールとカバーオールがあれば充分です。
新生児の時期はドレスとして規制、月齢が進むとズボンタイプに変えることができます。

50センチから60センチのものを使うのは大体3ヶ月の頃まで

3ヶ月ごろになると60センチから70センチのサイズになります。

■で、結局何をどれだけ買えばいいのか?

fuku6

肌着や上着はあればあるほど良いです。
がしかし、赤ちゃんはすぐに大きくなりすぐに使わなくなります。

なので肌着、上着ともに季節に合わせて最低5、6枚ずつ用意します。

多くても10枚もあれば十分に対応できるのでそれ以上はむやみに購入しません。個人的には10枚は多すぎだと重います。

「新生児の服」5セット~10セットを目安にし、それ以上は買わなくても十分足ります

おすすめの枚数

1日3枚は消費する
そして毎日洗濯する

と言う計算で

とにかく選ぶのが面倒臭いのであれば

短肌着を4枚
コンビ肌着を4枚2ウェイオールを3枚
カバーオールを3枚

これだけあれば2日から3日は着回しがききます。
要するに、毎日洗濯するのか? 2日おきに選択するのか?これらのタイミングによって購入する枚数も変わってきます。

私であれば、新生児の間はむやみやたらに服を購入することはせず必要最低限のものだけ揃えるようにします。

徐々に買い足しても良いですし新生児の赤ちゃんはすぐに大きくなって服が着られなくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>