レッグウォーマーを脱いでしまう

レッグウォーマーを脱いでしまう
【生後7ヶ月 レッグウォーマー 脱ぐ】

レッグウォーマーを脱いでしまう赤ちゃんにはどんな対策がある?

レッグウォーマーを脱いでしまう赤ちゃん。

  • なぜ脱いでしまうのかと?
  • 外出先でレッグウォーマーを効果的に使えるシーン
  • また、足もとの寒さ対策の代用品

等についてまとめています。

結論は、暑いから仕方ない

ですが、それだけでは寂しいので、
いろいろな使用用途についてシーン別に説明しています。

【レッグウォーマー】そもそも家では防寒対策では使用しない

そもそも私はレッグウォーマーは
家での防寒対策には使用しません。
(外出時は別です。 )

理由は、テーマと同じように絶対に自分で脱いでしまうからです。
そもそも、赤ちゃんは足が冷たくて当たり前の状態。
足を触って冷たくても、当の赤ちゃんは何ともないわけです。

では、自宅ではレッグウォーマーはどのように使うのかというと
ずりばいの時の膝が痛くなったり変色したりしないように使っていました。

どちらかと言うと防寒と言うよりはサポーターがわりにしていました。
防寒がわりに使用しようとすると、やはり暑いのかレッグウォーマーはなかなか履かせてもすぐに脱いでしまいます。
(これは、大人が足が冷たくて震えていても赤ちゃんの場合は体温が高いので仕方ないことなのかなと思います。 )

室内の防寒はお腹さえ冷えなければ良いというのが私の考えです。
なので、家の中ではレッグウォーマーはサポーターがわりで使用していました。

では外出の時はどのような使い方があるのか

冬よりも夏の防寒対策に

冬の防寒対策
外側と内側との寒暖の差については
ジャンバーなどの上着を脱いだり着用したりすることで調節できます。

しかし、厄介なのが夏の防寒対策です。
特に、スーパーなどの生鮮食品コーナーに行くと
エアコン+冷蔵庫の影響でかなり寒いです。

こんなときに、さっとはかせることのできるレッグウォーマーは大活躍でした。

ロンパースにレッグウォーマー

これも便利です。
おむつ交換の時に…ですが

特に、外出するときはとても重宝します。
また、外出時冬でも
半ズボン+レッグウォーマーの組み合わせも
いちいち着替える必要がないので便利です。

先にも書きましたが、私は特に家の中での防寒対策については出来傲慢は必要ないという意見です。

他のもので代用する

家の中の防寒用にレッグウォーマーを履かせようとすると必ず脱いでしまいます。

これは、やはり脱ぎやすいのでしょう。

なので、家の中での防寒対策はレッグウォーマーをあきらめて、違うアイテムで代用するようにします。

様々な意見がありますが、
レギンスやパンツを履かせてあげる
など、自宅での防寒対策についてはいろいろな意見があります。

参考意見

自分の力で引っ張ったりするのが楽しいので脱いでしまうのだと思います。レッグウォーマーを引っ張ることに飽きるまではやめないかもしれないですね。レギンスやパンツを履かせてあげたらいいと思います。

参考意見

1才7ヶ月の子どもの母です。
うちの子もレッグウォーマーや靴下をすぐ脱いでしまいます。
しかしスパッツ(レギンス)だと脱げないとわかるのか大人しく履いているので変えてみてはいかがでしょうか。

参考意見

こればっかりは諦めましょうσ(^_^;)
1歳2ヶ月のうちの娘も靴下もレッグウォーマーも、ニコニコしながら自分で脱いで毎回ドヤ顔で見せてくれますσ^_^;

とは言っても、これからの季節、外では日差しが、建物の中では冷房で冷えるのが気になりますよね。
それならいっそのこと靴を履かせちゃいましょう!
ゴム底の靴は重いのでやめてあげてくださいね。
布底の室内履きの靴があるのはご存知ですか?
それを履かせちゃえば自分ではかなり脱ぎにくくなると思いますよ。
歩き始めた時の靴の慣らしにもなるのでいいですよ!

冬でもレッグウォーマーは不要

冬でも防寒目的ではレッグウォーマーは要らないというのが私の意見です。

参考意見

赤ちゃんは大人より体温は高いので暑かったり、違和感があるのでとってしまうのかもしれません。
背中やお腹が冷えてなければ赤ちゃんは大体大丈夫だと思います。

お母さんが見本を見せる

まずは、見本を見せてあげるのが良いです。何をするにもまだ、初めてのことが多い時期。それが不快なことなのか、楽しくて面白いことなのか、あったかくて心地よいことなのか分からない時期は、まずは、お手本を見せてあげると良いです。親だったり、兄弟だったりに怖いこと、イヤなことではないことを教えてあげる。そして、何より母親、父親の表情を見ているので、苛立ちを見せずに笑いかけながら進めていくと良いです。もう少し、月齢がいった子には、トンネルだねぇ~と加え、トンネルを◯◯ちゃんの足がくぐるよぉ~と話しかけながら楽しく進めていくと良いです。親が楽しそうにしていないと赤ちゃんや子供は、楽しくないことだと思ってしまいます。

まとめ

残念ながら、寒さ対策のレッグウォーマーはどうしてもはずしたくなる傾向にあるようです。

こればっかりは、私はあきらめていました。

レッグウォーマーのメリットは

  • 外出先でもすぐにはかせることができること
  • 上からかぶせることで靴下が伸びるのを防いでくれること
  • ロンパースとレッグウォーマーを組み合わせることで外出先でのオムツ交換がものすごく楽になる事

などが挙げられます。

しかし、寒さ対策では赤ちゃんはなかなかはいてくれません。 (特に自宅)

でも、最近はデザインの良いものも多く
色々なシーンで使いたいですよね。

なので、
外出先での防寒目的
自宅では膝を守るサポーター
家の防寒はレッグウォーマーの代わりになるもの考える

このようにして、過ごしていたのを覚えています。

参考になれば幸いです。