夜中の授乳回数が多い

086946
夜間、授乳のために何回も…睡眠不足で体がやばい

・夜間、授乳のため何回も起こされる
・夫婦ともに寝不足で夫も不機嫌そう…
・昼間疲れきってしまってなにもやる気が起きない

今回はそんな夜間の授乳回数が多くて困っているお母さんへ!先輩ママからのメッセージをお届けします。

今だけだから耐えるべし

このころは辛いですがしょっちゅうあげないといけない時期ですしかしすこしの辛抱です。
だんだん回数も少なくなります。

まだまとまって飲めない時期。
辛いですが、赤ちゃんに付き合ってあげてください。

すぐに、夜間は授乳なしで朝まで寝てくれるようになります。

● 赤ちゃんによっては、一度にたっぷり飲めなくて、すぐにお腹が空いてしまう赤ちゃんもいます。

夜中に何度も授乳していると、お母さんが睡眠不足になってしまう事が心配です。ただ、そんなに長く続くわけではないと思いますので、気を楽に持ち過ごして下さい。

● もしかしたら口寂しくて夜泣き、母乳を吸いたがっているかもしれないので、おしゃぶりを使ってみては?あるいは数日間、夜泣きしたら授乳しないでしばらく抱っこであやすとか。

ミルクをたくさん飲めるようになってくると、もっとたくさん寝るようになるので、授乳回数も減ると思います。

● 私も何回も授乳していました。
大変かもしれないけど、一時期のことです。
良く飲むおりこうさんです。

一回に飲める量は個人差があるので、一回あたりあまり飲めない子だと頻繁に起きてしまうこともあるかもしれません。

095004

夜だけ腹持ちの良いミルクに

完母にこだわるのもいいのですがこの時期になると夜だけ粉ミルクにしてしまうのもひとつの方法です。

母乳よりもミルクのほうが腹持ちがいいので授乳期間は確実に長くなります。
あまりにも夜間の授乳回数が多いのであれば粉ミルクに変えてみてください。

●ママがあまりにも辛いのであれば、ミルクを飲ませてあげては?
母乳より腹持ちがいいので、ぐっすり寝てくれますよ。●夜はお母さんも眠く、授乳のたびに起きるのはつらいもの。そんなストレスからも母乳の量が減ってる場合があるそうです。なるべく母乳で、と思っている方も夜だけは粉ミルクを足してあげると腹持ちがよく、母乳で足りない栄養バランスもとれておすすめです。一回ミルクを足すと母乳もその分溜まって授乳量が十分にあげられるので次の授乳がお腹一杯飲めて深く寝れるようです。● おっぱいが足りてないこともあるのでミルクを足して様子をみてみたらいいと思います。● たぶん、一度に飲める量が少ないからだと思います。一回分くらい、ミルクにかえてあげると腹持ちよく、長く寝てくれます。

夜間断乳を実践してみる

思い切って夜間は断乳してみるのもひとつの方法です。
実は赤ちゃんはおっぱいが欲しくて泣いているだけじゃなくさまざまな原因があります。

そのたびに授乳してしまっていれば
泣く=おっぱいがもらえる

みたいに癖になってしまいます。

なので、夜はおっぱいをあげないと決めたら朝まではあげない…
を実行してみてください。

うちの子もそうでした。ですが、夜間断乳をすると夜中一回~朝までなくなることが多くなりました。育児本で一度夜間断乳調べて実践してみてください、、

● 夜中の授乳回数が多いという事は、泣いたら取り敢えずおっぱいをあげているのでしょうか。

赤ちゃんは寝言で泣く事があります。しかし、その寝言の時におっぱいを与えてしまったら起きてしまいます。

寝ているときに起こされたら誰でも不機嫌になりますよね。赤ちゃんが泣いたら少し様子を見てみましょう。可哀想に思うかもしれませんがぐっと我慢してください。少しずつ泣き声が小さくなったら成功です。

夜中におっぱいをあげるとき添い乳でしょうか。添い乳はいちいち起き上がらくてよいので確かに楽ですね。

しかし、添い乳をして寝ると赤ちゃんが浅い眠りに入ったときにおっぱいを探して起きてしまいます。

そしておっぱいを求めて泣き、添い乳をして寝かせるという不の連鎖に陥ってしまいます。添い乳をしているのでしたらやめてみてはいかがでしょうか。

昼間に頑張ってたくさん遊んであげる

これまでは夜の授乳のみに焦点を当ててきましたが

「昼間の活動を活発にして夜は眠りを深くする」
というのもひとつの方法です。

53a479c5fab36b3b3a1074e66747e849_m
眠りが浅いのかな?昼間、頑張って沢山遊んで上げて夜はぐっすり寝られたら、回数も減るのではないかなと思います。

まとめ

お母さんの睡眠不足は、お母さん自身は勿論、赤ちゃんにとっても、又ご家族全員にとっても、負の要素の大きいものとなってしまいますね。

・いつもは、こんな事くらいで怒ったりしないのに…
・イライラしてつい家族に当たってしまう
・お母さんが体調を崩し易くなった

などなど…お母さんにいつもと違うサインが出たら黄色信号のサイン。

様々な先輩ママさんの意見がありましたが、少しずつ、今できる事から始めてみませんか?
先輩ママのアドバイスにもあったように、赤ちゃんの夜中の授乳はそう長い期間続きません。

「今だけ特別な経験をしているんだ」
そう思えば、ちょっとだけ気持ちも楽になってきませんか。

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_m

余談ではありますが、完全母乳に拘らず、腹もちの良い粉ミルクを作っておいて、旦那さんが仕事が休みの土日だけ、赤ちゃんの夜泣きを旦那さんに代わってもらうというのも一つの手段です。

お母さんの元気と笑顔は一家の大黒柱です。
様々な工夫と夫婦の努力で、独りで悩まないで一緒に乗り越えてゆきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>