どのおんぶ紐を買ったら良いか迷っている

おんぶ紐

どのおんぶ紐を買ったら良いか迷っている【生後4ヶ月 おんぶ紐】

おんぶ紐。どれを買っていいか迷っている方へ

この記事はおんぶ紐に対するお母さんたちのご意見集です。

ちなみにおんぶ紐は首が座ってからにしましょう。(横抱きできるものは例外)
あまり小さいうちから縦抱きしているのは赤ちゃんには息苦しいと保育士さんから聞いたことがあります。せめて首が座ってからのほうが良いようです。

おんぶ紐。どれがいいのか迷っている方へ

ここでも圧倒的人気のエルゴ

onnbu1
Googleイメージよりキャプチャ

エルゴが人気なのはとにかく簡単でだれでもできること。

それにくわえて

前抱きができること
肩紐のクッションが分厚いこと
肩や腰への負担が軽くて疲れにくいこと
父親でも簡単に使えること

などが人気のようです。

参考意見

●安定感もあるし、抱っこしててもきつくないです。抱っこからおんぶにもすぐに一人で変えれます。エルゴなしでは、育児ができなかったと言っても過言ではありません。

● エルゴベビーは今とても人気ですが、横抱き出来るものだとババスリングもいろいろ柄があって人気です。また、交通手段として車などがなく歩きが多い場合はエルゴベビーのような肩腰をサポートしてくれる物のほうがおすすめです。小さい時だけ抱っこひもの予定であればスリングタイプがおすすめです。

● 前抱っこもかなり、便利ですよ。
なので、私はエルゴをつかっていました。
そして、パパでも使えるし良かったですよ。

● 首が座ってからはエルゴの抱っこひもを愛用しています。肩紐が他の物と比べてクッションが分厚く、紐幅も広いため肩への負担も少なく、長時間抱っこしていても、とても疲れにくいです。

● 使いやすさで言えばエルゴが一番使いやすいです。腰も、肩もあまり痛くならず、おんぶでも、抱っこでも楽です。事故のニュースもありますが、正しく使えば問題なし。

● 実際、私も年子の娘と息子ともに長い間、エルゴにお世話になりました。
エルゴは肩と腰で支えることができるので、比較的お母さんの体の負担が少ないです。

● おんぶも抱っこもどちらも対応しているので便利でした。

意外と人気があったのは「昔ながらのおんぶ紐」

おんぶに限定するのであれば

「昔からのおんぶ紐が一番楽!!」
という意見がありました。意外でしたが考えてみるとなるほど納得ですね。

お父さんも慣れないと使えないこと
前抱きにすぐに切り替えることができない

などが少々デメリットがありますが
なによりも安くて赤ちゃんも心地よさそうなのがいいですよね。

参考意見

● 昔ながらのバッテンのおんぶ紐がお勧めです。赤ちゃんもぐっすり寝てくれるし、肩に負担がかかりません。

● おんぶに限定するなら、昔ながらのおんぶ紐(前で紐をクロスさせて縛るもの)が実は一番楽です。見た目があまりよくないですが。

● 今はエルゴなどの外国製抱っこ紐、おんぶ紐が流行で、肩や腰への負担が軽減されるものがたくさん出ていますが『おんぶ紐』と断定すると、昔ながらの前で紐をクロスするタイプのおんぶ紐で赤ちゃんがお母さんの肩から前が見えるくらいの高さにおんぶすると楽におんぶができるので、一つあると便利です。

その他のご意見

エルゴの場合は使い勝手もそうですがデザインも可愛いですね。
しかし、その赤ちゃんの性格やお母さんの体型などによりとにかく使い勝手を重視。
このように自分に一番あったおんぶ紐を購入された方も多かったです。

デザインよりも使い勝手

● アップリカ コランビギを使っています。 本当は外国のメーカーのかわいいデザインのものを使いたかったのですが、かなり細身なので国産メーカーにしました。抱っこひもはデザインよりも使い勝手です!

● 対面、背面の両方で使えるタイプがいいですよ。片方の肩で斜めにかけるタイプは、少し心配です。

● エルゴ以外でも抱っこでもおんぶでも使えるものが便利ですよ。赤ちゃんは顔に当たる紐の部分を舐めるので、簡単に洗える生地の物をお勧めします。

● 腰と肩両方にベルトがあるものがオススメです。友人は肩だけのおんぶ紐を購入したことにより、肩凝りが激しく使い物にならなくなり、再度腰と肩両方のベルト用を買い直したといっておりましたよ。

● おんぶ紐はあったほうがいいと思います。料理や掃除の時など両手があくので動きやすいのと、近い所に赤ちゃんがいてくれるので、安心感もあると思います。

まとめ

・おんぶ紐でもやはりエルゴが圧倒的に人気
・デザインも良くて、だれでも使えて、疲れない
・おんぶだけに限定するのであれば「昔ながらのおんぶ紐」も使いやすい
・どんなおしゃれしてもおんぶ紐で台無しになるのでおんぶ紐は100%使い勝手で選ぶ

こんな感じになりました。ぜひぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>