冬なのに汗疹(あせも)ができる赤ちゃんへの対策

赤ちゃんの冬の汗疹

今回は寒い冬なのに汗疹ができてしまう赤ちゃんについて

・大人は汗などかかないのに、なぜ赤ちゃんはあせもができるのか

これについて考えていきたいと思います。
大人から見れば不思議なことでも子供の体温などを考えると結構当然のことだったりします。

冬なのに汗疹ができてしまう原因について

・一番代謝が激しい時
・冬はどうしても大人のフィーリングになる
・乾燥しているので実は夏よりも肌トラブルが起こりやすい

このような原因があります。
湿度に関して言えば冬は湿度が低いので夏よりも湿疹や汗疹などの肌トラブルが起こりやすいです。
しかも、赤ちゃんは

「話すことができない」
「暑くても自分で服を脱ぐことができない」

から、なおさらです。

赤ちゃんの汗疹の改善方法

▽大人と同じように厚着をしない

私たち大人と違い、小さい赤ちゃんは温度調整がまだうまく出来ません。
なので冬でもあせもができることがあります。

肌寒いくらいの温度

部屋の温度22度以上になってませんか?

この時期は大人が少し寒いと感じる20度くらいで充分です。暑がりの赤ちゃんの場合は18度以下でもいいというお母さんもおられます。

かつ、オムツ。
あれって意外と暑いんです。

そして基礎代謝も活発でよく動くためにすぐに汗をかく。これは大人の比じゃありません。

体温が高く私たちが寒いと思っても赤ちゃんは暑がることがありますよね?

だから、寒いから厚着する、寒いから靴下を履かせるは間違いなんです。
私たち大人は寒ければ厚着しますし、靴下も履きますが赤ちゃんは暑がりなので必要以上に着せないことをオススメします。
寒いからと言って厚着させてしまうと冬でも汗疹が出来たりする原因になってしまいますので要注意です。

▽保湿よりもまず拭き取る

もし汗疹が出来てしまったら薬や保湿クリームに頼る前にガーゼ・コットンなどで汗を拭き取ってあげてはいかがでしょうか。

汗疹が出来ないように頻繁にガーゼで汗を拭き取ってあげたり、シャワーを浴びせてあげたり出来るのはお母さんしか居ません。

汗疹に効果があるローションなどをガーゼに含ませて汗を拭き取るように撫でてあげるだけで効果があります。
掻きむしる痒みでひどくなる前に出来る範囲のことを赤ちゃんにしてあげてください。

それから、ワセリンやプロペトなどを本当にうすーく塗ってあげます。また、否定的なお母さんもおられるかと思いますが

「治るまでだけでもベビーパウダー」
は有効です。日本ではあまり使われていませんが暑い国では今でもベビーパウダーはお風呂あがりにセットのように使われています。

基本的な対策はこれだけでOK。です。
変にケアをしすぎずに自然治癒力に任せて完治を待ちましょう。

▽ できてしまったら要注意

できてしまったら治りにくいのが汗疹。

汗疹が出来そう、汗疹が出来てしまったら洗剤とお風呂には要注意です。

液体洗剤や柔軟剤は汗を吸収しないと言われています。
やはり昔ながらの粉状の洗濯洗剤が一番肌に良いと言われています。

また、入浴する時は赤ちゃんも使える入浴剤を使ってあげてください。
保湿性の高い、肌に刺激の少ない入浴剤なら赤ちゃんも使えます。

ただお風呂に入れるよりも保湿性の高い入浴剤を使うことで汗疹予防または汗疹の症状を抑えることが出来ます。

小児科を受診する。皮膚科は評判を調べてから

できれば小児科をおすすめします。
皮膚科を受診するときは

・行ったことのない医院には行かない

こと。汗疹なんてこまめに拭きとっていれば治るのになぜか知らないけれどステロイドを処方するお医者さんがいます。

ステロイドは用法・容量を守って…

なんていう以前に、汗疹(あせも)ごときでステロイドなんて絶対に必要ありません。

【冬】あせも対策のまとめ

今回は「冬なのに汗疹ができる原因と対策について」まとめてみました。

「夏はわかるけど冬?」
この油断というか常識が赤ちゃんを苦しめます。
ホットカーペットを強にしておねんねなんてもっての外です。

・赤ちゃんは暑がり
・大人が肌寒いくらいの温度
・汗をかいた上から薬を塗らない

この辺りを気をつけて快適な育児ライフをお過ごしくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>