【今すぐできる】赤ちゃんに上手にゲップをしてもらうための3つの工夫

Baby, Milk

赤ちゃんのゲップがなかなかでなくて悩んでませんか?

「授乳後にゲップを上手く出すことができません」

・ゲップを短期間で出させてあげるやり方がわからない
・ゲップが出ない事自体がママのストレスになっている
・お乳を盛大に吐くのは苦しそう
・吐かれると母親失格か?と思ってしまう

赤ちゃんのゲップ確かに不安になりますよね。

でもちょっと待って下さい。
「赤ちゃんはお乳を飲んだら必ずゲップを出させなければダメ」

そんなふうに考えていませんか?

「え?違うんですか?」

実は必ずゲップをさせなければいけないことはないんです。

ましてや
「ゲップしないと病気になる」
なんてもってのほかです。

焦りますが個人差が大きいんです。

実はゲップは出さなければならないケースと
そうでないケースが有ります。

赤ちゃんにゲップをさせる理由って?

赤ちゃんにゲップをさせてあげるのは意味があります。

赤ちゃんはお乳を飲むときに
空気も一緒に飲み込んでしまいます。

だから、ゲップをさせないで寝かせてしまうと大変です。
抱っこの時はミルクより空気のほうが上になるので吐きません。

横になると空気とミルクが両方上に来ます。

飲んだ後空気を吐き出す時にお乳も吐いてしまうからです。
だから、空気を沢山飲んでしまう赤ちゃんは
ゲップが必要なのです。

ただ、ほとんどの赤ちゃんは
「ゲップを出すのが下手」です。

これは、首周りの筋肉がまだまだ未発達なため。

なので、吐いちゃう赤ちゃんにはゲップを出させる工夫が必要になります。

【必殺ゲップだし】上手くゲップを出させてあげるための工夫

で、ゲップをさせる方法はいろいろあります。

ゲップするまで待つ

まず、赤ちゃんの両方のわきの下をもちます。
お母さんの目の高さまで抱き上げます。
このまましばらく待ってるだけでもゲップをすることもあります。

この方法はラクですが結構時間がかかります。

定番!背中トントン

赤ちゃんを抱いて頭をお母さんの肩に乗せて背中を撫でる方法です。
いわゆる頭だけ寝てるような状態です。
この時、トントンと軽く背中を叩いても良いでしょう。

注意するのは力加減です。

大抵のお母さんは
「撫でるようにやさしく」※NG
されます。

ただ、この方法では叩くのが弱いとゲップはなかなか出ません。

もっと強く叩く必要があります。
特に生後間もない時はゲップをするのが下手。
この時期は

ドン ドン ドドドン
具体の勢いでリズムを付けるのがコツです。

「そんなに強く叩いていいの?」
くらいがゲップを出すにはちょうどいいです。

力加減を少し強くするとすぐにゲップが出るようになりますよ。

椅子に座らせるような姿勢にする

背中トントンが苦手な方はこれを試してみてください。
やり方は簡単で

「ママの膝の上に椅子に座らせるような姿勢にするだけ」
です。

トントンする必要もないので叩いて出すのが苦手な方はぜひ、この方法も試してみてください。

ゲップを出させるのは飲んでしばらく経ってから

飲んですぐにゲップは出ません。
お腹の中でまとまった空気になるには時間がかかります。
5分ぐらいたってからゲップが出る赤ちゃんもいます。
縦抱っこのまま、胃の向きが変わるようにゆらゆら揺らしてあげましょう。
出ないと焦らず気長に待ってみましょう。

この抱いてる姿勢の時は吐く心配はあまりありません。

吐いてしまった時の対策

吐いちゃう赤ちゃんがゲップを上手く出せなかった時は
「吐いても大丈夫な対策」が必要になります。

赤ちゃんの首を少し横に向ける

万が一吐いても鼻に入ったりしません。
完全仰向きだと鼻に入った場合息ができなくなるので危険です。
ヒヤリハットは出来る限りなくすようにしましょう

スタイが便利

吐き出すのではなくダラ〜っと吐いたりすることが多い場合は
スタイが便利です!

以前は吐く量にかかわらず洋服汚して全部着替えさせてたりしてました。

でも、少量だったらスタイを変えるだけですみますのでこの時期は必需品だったりします。

ゲップを出す必要が無い赤ちゃんもいます

次にゲップが必要のない場合です。
これは赤ちゃん次第です。

「苦しそうにすることもなくすんなり寝てくれてるならゲップをさせる必要はありません」

例えば、中にはお乳の飲み方が上手い赤ちゃんもいます。
空気を飲み込まずにお乳を飲める赤ちゃんです。

従って、
「ゲップは必ず出させなければいけない」
というものではありません。

育児本などには
「授乳・ミルクのあとは必ずゲップさせましょう」
みたいに書いてますが
すんなり寝てくれるこのような赤ちゃんはゲップを出させる必要はありません。

飲んだ後毎回お乳を吐くようなら、
ゲップは十分に出させなくてはいけません。
吐きやすくないなら無理に出させることもないのです。

まとめ

さて、あなたの赤ちゃんはいかがでしたか?

成長とともにゲップが上手く出せるようになる子もいます。
全く出さなくても全然平気な子もいます。

3ヶ月過ぎると、赤ちゃんも自分でゲップを出せるようになります。
赤ちゃんはゲップをしなくても特に健康上の問題はありません。
また、吐いても大人が吐くのと違って全然苦しくありません。

「表情が苦しそうに見えるだけです」

一番ダメなのがママ本人が必要以上に神経質になることです。
吐くときもあれば大丈夫なときもある。
もし吐いてしまっても自分のせいにせず気にしないようにする。

育児は必要以上にオロオロするのが
ママにも赤ちゃんにも負担がかかります。

「ゲップせず吐いても片付ければいいだけ」
くらいの気持ちでドーンと構えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>