母乳ミルク以外の飲み物での水分補給

ミルク以外での水分補給
【生後7ヶ月 水分補給 飲み物】

生後7ヶ月なら、母乳やミルク以外の飲み物は基本的にはまだ必要ありません。
しかし、どうしても他に何か飲み物上げたり練習したいという気持ちも湧いてくると思います。

この月齢であればミルクの他に考えられるのは、

・お白湯
・麦茶
・果汁(リンゴやミカン)

飲んでくれれば、豆乳や牛乳もokです。 (ただしほんの少量。冷たいものはダメ)

参考意見

牛乳や豆乳でしたら少しの量でしたら飲めますよ。ただアレルギーがあるか腕の裏に牛乳を少しのせて確認してからのがいいです。

海外なんかでは、幼児用に作られたヤクルトなんかも人気があります。

基本的に、母乳やミルクで足りるので毎日の習慣にしなければいけないということもありません。
母乳ミルク以外の水分補給は、

日中外出先から帰宅した時など1日一回程度に止めておくようにしましょう。

水以外のものは、基本的にどんなものでも2倍くらいに薄めれば良いと覚えておいてくださいね。

ちなみに、便秘がちだからといって水分が足りてないと思い込むのは間違いです。
この時に無理に飲まそうとして水分補給をしてもほとんどの場合は電気は改善されません。

白湯

1番初めはやっぱりこれですね。
要するに、水を1度沸騰させてさました物になります。

生後4-5ヶ月から飲めるようになる飲み物です。

ただ、水分補給には最適なのですが
味が全くないので、嫌がる赤ちゃんもかなりいます。

参考意見

1才7ヶ月の母です。
私は完全母乳でしたが母乳以外には初めは白湯をあげました。
その次は麦茶とたまに果汁を薄めたものをあげていました。
哺乳瓶やスパウト・マグマグの練習にもなったのでたまにあげてみてはどうでしょうか。

ミネラルウォーター

生後7ヶ月はミネラルウォーターはまだダメです。(大量はダメなだけ)
白湯にしておきましょう。

一応禁止事項となっていますが
わたし的には1日に飲む量もごくわずか、(だってメインは母乳・ミルクです)そして中に含まれるミネラルもほんの少々です。
はっきり言って、何か問題があるということはほとんどないでしょう。

しかし、コスト的に考えても白湯のほうが無難です。

フォローアップミルク

これも、 7ヶ月ではまだ早いです。
フォローアップミルクを飲ませたいのであれば一応9ヶ月から

しかし、これははっきり言って色々な種類を売りたい
子供のミルクを作る会社の都合で生まれた商品です。

9ヶ月からと明記されていますが
9ヶ月になって、今までのミルクを飲んではいけないのかというとそんなことは全然ありません。

私の中では、フォローアップミルクは特に買う必要は無いものという位置づけです

麦茶

おすすめ

5ヶ月から飲めるので、生後7ヶ月なら全然okです。

自宅で簡単に作れて、味も美味しく赤ちゃんにも好評です。
作る時は、かなり薄めに作ります。

夏場の、水分補給には特にオススメ。
麦茶が嫌いな子でも「ほうじ茶」なら飲むという情報もあります。

麦茶を飲ませるメリットは、虫歯予防になる事
パックの麦茶はストローで飲む練習になります。

参考意見

私は麦茶をあげていました。たまに赤ちゃん用のスポーツドリンクやりんごジュースなども。でも甘さなど気になるようなら麦茶はノンカフェインでごくごく飲めちゃうのでおすすめです

果汁

おそらく、赤ちゃんには1番人気です。

参考意見

リンゴやみかんの果汁はどうでしょうか。うちの子は白湯は苦手でしたが果汁は喜んで飲んでいましたよ。

しかし、甘みがあるために
「その味に慣れてしまうと他のものを飲まなくなる」
ので注意が必要。

市販の果汁(ジュース)を与える時は特に注意。
ジュースは基本的に含まれる砂糖の量が半端ではないです。
(野菜ジュースも同じです)

この時期に、たくさん果汁を与えてしまうと後々好き嫌いの面で結構やりにくくなるかもしれません。
リンゴやミカンなど、自分で擦り潰して作るのであればまだ安心であるかもしません。

しかし、粉末タイプなどの市販の幼児用の果汁やジュースは注意して下さい。
かなりの量の砂糖が入っています。

参考意見

生後7ヵ月なら母乳以外にも飲めるのは、果汁やお茶があります。果汁はミカンやリンゴがお子様に好かれる味です。お茶も果汁も、ベビーフードの粉末が安くて便利ですが、自分の家で作るのも楽です。ごくごく飲んでくれるので、ママもお子様も嬉しい飲料です。

赤ちゃん用の麦茶・ジュース

基本的には必要ありません。
赤ちゃん用のカテゴリがあるのは
「マーケティングのため」です。
赤ちゃん用の、麦茶とかジュースとか売ってますよね。
月齢もちゃんと書いてあります。

参考意見

ジュースは糖分があるので虫歯や食事をあまり食べなくなってしまう子もいます。

ポカリスエット

これも、たとえ幼児用であっても風邪をひいたときなどの緊急時のみの使用にとどめます。

ポカリスエットの成分は点滴です。
塩分が大量に含まれていますので、毎日飲むの言うのは絶対にやめるようにしてください。

幼児用を購入するのであれば、
市販のポカリスエットを水で薄めた方がお得だと思います。

しかし、基本的に購入する必要は無い飲み物だと思います。

基本的には母乳・ミルク

この時期は、水分補給と言うよりは
甘いおっぱい以外のいろいろな味に慣れておくための練習です。
また、必ずマグカップなどで練習する必要もありません。

母乳でたりてればいらないとおもいますが、薄めた麦茶などは水分補給に役立ちます。

喉が渇いていると勝手にのみ出す。そういうものです。
そして、拒否するのであれば母乳やミルクで十分に足りてる証拠でもあります。

「本当にのどが渇きたらなんでも飲むので母親が強制する必要は全くない」

今まだ母乳やミルクの他に何かを飲ませなければいけないという事はないんです。
あんまり頑張りすぎず、ほどほどが1番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>