言葉がまだ出ない時期におともだちをすぐに叩いてしまう子どもの対処法

子供同士が叩いてしまう

「言葉がまだ出なくておともだちを叩いてしまう」

「およそ一歳半」

・おもちゃを借りたい時
・一緒に遊びたい時
・自分にとって嫌なことをされたとき

考えるより行動が先になってしまうお子さんはとても多いです。
これがエスカレートするとなにもないのに叩こうとしてしまう時もあります。

まだ言葉が出ないので上手く伝えられない

・悪気はないけど、相手も叩かれたことに対して叩き返してくるので、また叩いてしまう

・本当は一緒に遊びたいことを伝えたいのにどうしたらいいのか分からず本人も悔しい

結局はまだ、言葉がほとんど出てこない…

が大きな原因。

本人もわからなくてもどかしい思いをしていることがほとんどです。
これが3歳4歳ならば少し困りモノですが
まだ、月齢は1歳半です。(18ヶ月)

特に不自然な行為ではなく、むしろそれが自然な行為。ママであるあなたが気をつけなければいけないのは
「それが癖になって大きくなってもぬけなくなってしまう」問題があります。

要するに
※いいことではないけれどある程度仕方のないこと。そして、そこから徐々に物分りの良い叩かなくなる性格にしていってあげるのはお母さんの役目です。

相手に何と言えばいいのか?代弁と共感がキーワード

・叩いたら痛いよと教える
・貸して…一緒に遊ぼう…って言うんだよとゆっくり伝える
・傍で相手に母親が『まだお喋りが出来ないから教えてくれるかな?』とお願いする

先ほども書きましたが癖にならないためにもお母さんが一番やらなければいけないことは

「子どもの気持ちを代弁してあげる」

ことです。

キーワードは理解と共感

ようするに「子どもに共感してあげること」

★このおもちゃで遊びたかったのだね?
★一緒に遊びたいのにイヤって言われて不機嫌になっちゃったのかな?

などなど
まず、その子の気持ちをしっかりと言葉で代弁してあげてください。

それから、理由を説明したりいろいろな方法を提案したりします。

最もやってはいけないのは

「お友達を叩いちゃダメ」
と頭ごなしに行動を否定してしまうことです。これをやってしまうと子どもは全く理解できないまま母親にまで不信感を募らせる結果になります。

なぜなら、理由が説明されていないからです。

★痛いからお友達叩いちゃダメ。ずっとやってると一緒に遊べなくなっちゃうよ。そうなったらママ悲しいな。それでもいいの?

これだけ追加するだけでも全然違います。

上記の「叩いたらいけない」は母親目線。
下記の「遊べなくなると悲しいな」
は子供目線。

とにかく、子どもの目線にしっかりと立つことが重要です。

とにかく根気よくゆっくり声を掛けてあげてください。

そして、少しでも言葉が出るように見守りつつ、言葉で相手に伝えるということを理解出来るようなるまで根気よく!

親がおともだちになったつもりで遊びながら『貸して』『遊ぼう』と言いながらやってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>