オムツ替えを嫌がる時の様々な工夫

おむつ交換を嫌がる
【生後 6ヶ月 オムツ替えを嫌がる】

特に、様々な動きができるようになるこの時期。
(寝返りやズリバイなど)と、オムツを極端に嫌がるようになる赤ちゃんはとても増えます。

割合的には、テープタイプ、パンツタイプ
ともに50%ぐらいの割合でしょうか?

パンツタイプはまだ楽かもしれませんがテープタイプのおむつは本当に大変ですよね

嫌がるというよりはとにかくじっとしてくれませんね。

すべてのことにおいて興味津々の時期なので
静止して言うことを聞くなんて言うのはどだい無理な話なのです。

じゃぁ、そのときに赤ちゃんのオムツをどのようにして嫌がらせずに交換すればいいのか?

いろいろな先輩ママさんの意見をまとめています。

身近なものに関心を向けさせる派

音が出る者やおもちゃなどその工夫は様々 。
結構、皆さん苦労されているようですね。
ご自身の赤ちゃんは何に興味を示すのか?

これを考えてみると楽になるかも…

首にペンダント

ママの首に、遊んでもいいペンダントを着けておいて、プラプラ揺らしながら気を引いてそのうちに変えていました。

噛むことができるおもちゃ

うちもオムツを替える時に体をひねったりして悪戦苦闘しています。
その時は、噛めるおもちゃを渡しておもちゃに気をひいていると、オムツ替えできますよ。

何か音が出るもの

赤ちゃんに音の出る玩具を持たせて気を反らしてあげると良いです。うちの子の場合は、スーパーでもらう袋を持たせると遊びに夢中になって、すんなりオムツ替えができました
歌を歌ってあげるのも良いですよ。

オムツを替えるといいことがある!と覚えさせる

おむつを替えることによるメリットを覚えさせてあげると交換する時が楽になります。

アフターサービスをしっかりと

オムツを替えた後に沢山遊んであげたり、撫でてあげたり、オムツ替えの後に楽しいことがあるという風に赤ちゃんに覚えさせると楽ですよ。
私の娘もオムツ替えを嫌がる時があり、保育士さんに相談したところ
オムツ替えの後に綺麗になったねーって足をさすってあげたり軽くマッサージやくすぐってみたりすると良いみたいです。

流す音楽を1曲決める

赤ちゃんの機嫌がよくなる音楽やテレビ番組はありませんか?おむつ替えの度にそのBGMを流すことで「おむつ替えは楽しい」というマインドコントロール(?)をしてみてはいかがでしょう。うちの子はそれで成功しましたよ♪

とにかく笑顔で

動きが大きくなってきてオムツ替え大変ですよね。じっとしていたり押さえられるのが嫌なのかも知れないですよね。オムツ替えが楽しい時間になるように、これからオムツを替えること、気持ちよくなることをイライラぜす笑顔で話しかけながらやってみてはいかがでしょう。好きなおもちゃを持たせておくとか。一回では効果ないと思うので根気よく継続してみてください。

参考意見

現在1歳3カ月の子供の母親です。うちの子もオムツ替えに苦戦することはしばしばです。寝返り打たれたり、脱走したり、泣き叫ばれたり…大変ですよね。赤ちゃんはお腹空いてたり、眠かったり、遊んでもらいたかったりすると機嫌が悪くなるものです。
なので私は、お腹をこちょこちょして遊びながら替えたり、オモチャを渡して素早く替えたり試行錯誤しながら替えています。現在進行形で。パンツタイプになると、少しは履かせやすくなるのでお互い頑張りましょう!

とにかく気にせず素早く済ませる派

最後に、そんな工夫をせずに嫌がるものと割り切ってとにかく素早く済ましてしまうという方の意見もご紹介します。

まぁ、割り切るのも1つの方法だと思います。
しかし、笑顔だけは作ってあげるようにしてくださいね。汗

参考意見

動くとやりにくいので、私は自分の脚で両手をおさえて、パパっとやっちゃいます!!

参考意見

スッポーン!気持ちいいねーなどと声かけながら、笑顔でやっちゃいます!嫌がるけど、もう仕方ないと思ってやってしまう。

とにかくスピード重視派。おむつを替える時も、最初は嫌がる時期があっても観念してしまうのかおとなしく交換させてくれるようになることもよくあるようです。

オムツ替えを嫌がる子供に対してのまとめ

キーワードは、 「とにかく仰向けになった状態で楽しいこと面白い事を教えてあげる」

そして、
パブロフの犬状態ではないですが
「おむつを替える時は何か自分が嬉しいことがある」

このような状態にすると
お母さんの負担はかなり軽減されるのではないでしょうか。

また、この時期であればテープ型からパンツ型の変更をするのも1つの方法だと思います。

貫通タイプのオムツは車の中などの狭い場所でも取り替えがとても簡単にできます。

テープタイプの場合は
「仰向けが嫌がるならうつ伏せの状態で交換するのを習慣にする」
こんなのも1つの方法ではないかと。

もちろん、文章で書くほど簡単なことでは無いはず。
しかし、徐々に工夫することにより
「お母さんと向き合っている状態が楽しい」

状態にすることにより徐々にオムツ替えの時間を嫌がらなくなるはずです。
こうなったら、テープタイプのオムツでも楽勝。

是非、興味を引かせておとなしくなる様な工夫を色々とやってみてください。
くれぐれも、お母さん自身がイライラしないことが重要なポイント。ネガティブではなくポジティブな気持ちで今日もいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>