昼寝を全くしない

赤ちゃん。寝ないぜ

まだまだ、たくさん寝ないといけないこの時期の昼寝って重要でしょ?
・昼寝をしない。しょうらいの成長の妨げになるのでは?
・話を聞いている限りうちの子は「睡眠時間が少ない」と思う
・昼寝てくれると「私だって楽ができるのに(本音)」(・ω<)

色々思うところがありますが心配なのは赤ちゃんは寝るのが仕事なのに昼寝をなぜしないのか?昼寝ってとても重要なものでしょ?

でも、結論はいいえ、そんなことはありません。
昼寝が大事なわけではありません。ましてや眠いのを我慢している赤ちゃんなんて1人もいません。すべてはその子一人ひとりの個性になります。

誤解を招きがちになりますが実はこの時期の赤ちゃんは

「昼寝する子はする。寝ない子は寝ない。寝なくても全く問題無い」
です。

【昼寝をする・しない】一人ひとりぜんぜん違う

昼寝の時間は個人差があるものです。昼寝をなかなかしない子のほうが実は多い。

こんな事実を知っていればお母さんも楽になるのではないでしょうか?

徐々にぽかぽかしてくる春
昼はエアコン無しでは寝られない夏
徐々に寝心地が良くなってくる秋
とっても寒くてシャレにならない冬

日本には色々な季節がありますが昼寝をするしないは季節はあまり関係ありません。本当にその子の性格です。

私も、昼寝をしない息子にベビーカーでお散歩などに出て刺激をいろいろあたえてメリハリをつけたりしてみました。

友達はこれで効果があったそうですがうちの子は全ッ然。

ということでするしないはその子の個性である。
と考えることで解決。それ以上は深く考えませんでした。

寝ることを我慢する子はいないので、起きているときには沢山遊んであげる。

確かにおとなしく昼寝をしてくれたほうがママとしては自分の時間が増えるので昼寝をしてもらいたい。
でも、それは自分の都合です。
どこかで楽をしたいというのがないかどうか?をもう一度確かめてみてください。そして、子どもが寝ないのであればそれは個性ってことでいいのではないでしょうか?

誤解されがちですが
必ずお昼寝をさせなければならない
のではないです。
確かに、夜全く眠らない・寝てもすぐ起きだすだと問題があるかもしれません。

しかし、お昼寝をしないのはおかしいというのは特に問題はないんです。

夜たっぷり寝たから眠くない場合もあります。

お昼寝をしなくて困ってるいるのはお母さんのほう。
子供はまったく困ってないですよ。

むしろ大好きなお母さんにかまってもらい遊んでもらって嬉しいと考えてみてください?

そう考えると全く気にすることはないと思います。

子供はみんな個性が違いますよ。お母さんも今しかないお子さんとの時間を大切にしてあげて下さい。

昼間の刺激を増やす・環境を整える

それでもやっぱり寝てほしい。そんな時はやっぱり

規則正しい生活と「早起き」「寝やすい環境」「ドライブ」がキーワードですね。

まずは、朝の起きるタイミングです。早起きの習慣をつけましょう。

昼寝する時に寝るときと同じ薄暗い環境を作りましょう。それでも寝ない場合は外出です

家でテレビとか見てる時は寝ないのにドライブなど出かけて

・刺激
・振動

両方ある状態にしてあげるとコテンと寝てしまうことも多いです。

車が無理な場合でも散歩に出て、空気に触れたり、太陽の光をかんじて刺激をあたえてあげます。
一日家にいるとやっぱり色々驚くことがなく、体力も消耗しません。

離乳食を開始すると昼寝するようになる?かも

参考意見

● うちの5ヶ月の娘も、3~4ヶ月の頃はあまり昼寝をしませんでした。寝ても20分で起きたり。毎日ため息でした。
それが、今では毎日2回(午前と昼過ぎ)昼寝をするリズムになりました。

布団に置くとすぐに起きてしまうので抱っこのまま動けませんが、その間にこうしてパソコンを使ったりできるので、助かっています。うちの場合、きっかけは離乳食の開始でした。

離乳食を毎日同じ時間に与えるようになったことで、授乳間隔も以前よりはずっと安定し、生活リズムが整ってきたのかな、と思っています。

まとめ

昼寝しない赤ちゃんはママはしんどいかもですが問題なし

赤ちゃんも大きくなるにつれて起きてる時間が長くなっていきます。

起きているとき、機嫌よくしていれば問題はないと思いますよ。また私のときは、急にグズグズしだしおっぱいあげて寝かしつけても30分も寝ないで起きてしまったり、逆にぐっすり寝たりとお昼寝は安定しませんでした。

起きているときはなるべく声をかけたり、散歩に連れていくなどの刺激を与えるようにしています。一緒に遊んであげると疲れてお昼寝するようになるかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>