【すぐ席を立つ】離乳食やご飯の食べ遊びに効果的なしつけ方法?

子ども 食事
・「悩み」離乳食の食べ遊び

10ヵ月~2歳

今回の遊び食べ・食事を全然食べようとしないというのは、非常に年齢幅が広いです。離乳食期から食べない人もいますし3歳になっても全然食べようとしないお子さんもおられます。

離乳食や幼児食…食べてくれずに遊んでばかり

・離乳食やご飯を食べず遊ぶだけ
・ご飯の時間は食べないのに少ししたらすぐにお腹がすいてグズグズ
・その時に気に入ったものしか食べない

うちの子も全く同じで色々と考えました。
この悩みの時期は10ヶ月前後の離乳食後期ですがうちは2歳すぎてもとにかく食事の量が少なかったですね。

なんで、決まった食事の時間にほとんど食べないのか?
また、親戚の子にほぼ同年齢の子どもがいてこの子が痩せているのに食欲第一みたいな感じの子で

食事の時はテーブルのどの皿を見ても
「おいしそ・おいしそ」
レストランへ言ってメニューを見ても
「こへ、たべる。こへ、食べる」(これ)

正直、めっっちゃ羨ましい…

一方、我が子はご飯が運ばれてきても
自らフォークやスプーンを掴んで口の中に入れようとしませんでした…

「ひとくち食べたらすぐに席を立ちたがる」

なんでこんなに差があるんでしょう?

【他の興味がたくさん】が原因かも?

・テレビ・おもちゃで遊びたい
・そもそも食事の時間が不規則なのでお腹が減っていない
・構ってほしい。

これらの原因が一般的ですが一番の要因はやはりその子が持っている性格が一番影響しているんじゃないかと思います。

決して、食事が嫌いなわけじゃないんですよ。タイミングがバッチリ合った時じゃないとほとんど食べないだけで…

食べ遊びに効果的なしつけ。3つのやり方は?

・食べるときは食べなきゃいけないとメリハリを付ける。
・「おいしい」「んまんま」等、自分も食べるような真似をする。
・様子を見ながらジュースやデザートで気を引く。

月齢にもよりますがメリハリが重要だと思います。特に3歳を過ぎると座ってられない、行儀が悪いのは食べる食べないの問題じゃなく親の躾がなっていない

として、親の恥になりますね。

そもそも人間1日3食たべなくてもそこまで大変な事にはならないのでとにかく

「食べなければすぐに片付ける」

「1回20分までと時間を決める」

「席を立った時点・遊びはじめた時点できっぱりと終了」

「次の食事の前にお腹が空いたと訴えてきてもお菓子などは絶対にあげない(泣きわめきますので心が折れそうになりますが乗り切ります)」

で、前の記事にも書きましたがとにかく子どもと大人の食器や食事内容までも全く一緒・もしくは限りなく似せるとうまく行きます。
ただし、これは幼児食になってからの話です。離乳食後期はとりあえずメリハリだけで充分だと思います。

デザートやジュースはある程度食べた後ご褒美感覚であげたりもしましたがあまり効果がなかったかもしれません。

ただ、食事の時、食べなかったら片付ける

これはいいのですが
「水分だけはいつでも」
が基本です。当たり前ですが脱水症になってしまっては洒落になりませんから…

まとめ

この方法は根気が必要です。
めげたら負け、諦めたら負けです。今すぐに変えたい場合は今日からでも始めるべきですが
この
「食事をあまり食べようとしない」
は今すぐに改善が必要なほど重要な事ではありません。(ガリガリの場合は別)

なので考え方の変換も重要なポイントです。

子供は超一流のきまぐれ屋という言葉があります。食べなくなってしまうきっかけがあれば食べだすきっかけもまたあるということです。

育児中はすこし他と違うこと・育児書に書いてあることと違うことがあれば
「なんで我が子だけ?」
みたいな感覚に陥りますが

「うちだけできない」
ではなく
「お母さんに甘えているだけ」

など発想を転換して乗り切ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>