【母乳の出が悪い】たくさん母乳を飲ませるためにできる唯一のこと

母乳の出が悪い

妊娠中に全くおっぱいのケアをせずに母乳の出が悪くて嘆いておられるお母さんへ

・時間をかけて手で絞ってみてもポタポタ位の量
・シリコン+おっぱいでなんだか赤ちゃんに嫌われているみたい
・いま、おっぱいをやめてしまうのは個人的に寂しすぎる

完母まで行かなくてもいいけどできれば半々くらいの混合似まで持っていける方法はないの?

ということで、今回は母乳の出が悪いがテーマです。
妊娠中に乳首のケアをしてこなくて母乳の出が悪いと本当に後悔しますよね。

今、母乳は出ているけれど出が悪い人がやらなければいけないこと
それは・・・

「時間をかけて何回も」これだけです!

今はシリコン乳首+おっぱいという形でがんばっておられると思います。
赤ちゃんにたくさん母乳を飲んでもらうためにやっておきたいこと
それは

【根気よく】何度も繰り返しおっぱいを吸わせる

たったこれだけです。
とにかくあきらめないで何度でも。

今、諦めると母乳は枯れるだけです。
出産してからでもまだ間に合います。

今はシリコンの乳首+おっぱいというやり方でも構いません。

ここで諦めて完全にミルクになってしまうお母さんも多いのですが

・とにかくミルクの量を少なくして
・時間を気にせずに
・赤ちゃんにおっぱいを吸わせる

というのを繰り返してみてください。

根気が必要な作業ではありますが、1週間程度で80ミリリットルぐらいは出るようになるはずです。

なぜなら
赤ちゃんも徐々に吸い込む力が強くなってくるのでそれと同時に乳腺自体もどんどんおっぱいを出そうとするから

です。

赤ちゃんに乳首を吸われることで特別なホルモンが出ます。

なので母乳は、赤ちゃんに吸われれば吸われるほど出やすくなります。

母乳が全く出ないと言う人は体質的なものかもしれませんが、母乳の出が悪いと言う人はとにかくあきらめないで根気よく赤ちゃんに吸わせてあげてください。

そしてくれぐれも母乳だけにこだわらないようにしてください。

姿勢はどうする

よく飲んでくれる姿勢なんですがこれはお好みで構いません。

1.横抱き
2.縦抱き
3.添い寝

などがあります。色々と試して自身の赤ちゃんが一番落ち着ける抱き方を探してみてください。

これから、ママが気をつけるべきこと

・毎日食べるものに1番気をつけるべき

なぜならおっぱいの味にダイレクトに影響を及ぼすから。
前の日に食べたものがとか言うレベルではなく2・3時間前に食べたものがすぐに母乳の味に影響されます。

もともと出が悪い人は乳腺が細いのかもしれません。

なのでそれを余計につまらせてしまうような
「揚げ物・油物・脂肪分・甘いもの・辛いもの・アクの強いもの」
は極力避けるべきです。

甘いものは乳腺を詰まらせます。
辛いものは母乳が辛くなるので赤ちゃんが

「マズイ!!」といって飲んでくれません。

おすすめは、素朴な日本食。
ご飯・具だくさん味噌汁・焼き魚(高タンパクの白身魚)

などなど、昔の日本食のようなスタイルがおすすめ。
うどんや赤飯、おもちなんかも栄養満点です。

・詰まり気味の方はとにかく水を飲む

特に詰まりやすい人の場合、水は一日2リットル以上が目安です。
しかし、しっかりと出ているのであれば水をがぶ飲みする必要はありません。かえって母乳の栄養が薄まってしまいます。

ミネラルウォーターの他には
「麦茶」
「りんごジュース(食物繊維が母乳の出を良くする)」
なんかがおすすめです。

いずれにしても、体を冷やさないために飲むときは常温で!!

母乳の飲ませ始めから終りまで

・まず赤ちゃんを抱っこ
・乳房と乳首を含ませる
・ちくびから口を話す時は口の横から手を入れて離してあげる
・右側だけでなく左側、反対側も同じように含ませてあげる
・最後は縦抱きにして必ずゲップが出たかどうか確認する

これが飲ませ始めから飲ませ終わりまでの1連の動作になります。

赤ちゃんがミルクを飲みたいための4つがサイン

次に赤ちゃんがお腹減ったときのサインを見ていきましょう。

・とにかく泣く
・寝てるときに口をパクパクと動かす
・抱っこしているときにおっぱいを探すしぐさを見せる
・起きている時自分の指をしゃぶり始める

こんな時はおっぱいを吸いたいサインです。
母乳の出が悪い人はこのタイミングがチャンス。

マッサージして、手で絞るやり方よりも実際に赤ちゃんに吸ってもらうのが一番母乳が出やすくなります。
(もちろんマッサージも大事です)

なので、このサインを見逃さず根気よく何回も続けてみてください。
かなりの確率で1週間後・2週間後には
「赤ちゃんも満足する量の母乳が出る」と思います。

最後に

「完全母乳育児にこだわりすぎない」

ここまで書いておいてなんですが、そうはいっても体質的にどうしても母乳が出ない人もいらっしゃいます。

うちの母親もそうでした。

今の日本は母乳育児を推奨しすぎな感があります。
母乳が正義で、ミルクは悪いものみたいな考えになってしまっているお母さんも少なくありません。

そして完全母乳にこだわりすぎるあまり子供を栄養不足にしてしまっているお母さんもかなりいらっしゃいます。

最近この手の極端な考えを持ったタイプのお母さんが増えています。
母乳にこだわりすぎて子供の栄養が足りてないのでは全く意味がありません。

母乳の出が悪いのに母乳しか飲ませずに、子供脱水症状に陥らせてしまったり、最悪の場合脳に障害を持ってしまったら取り返しがつかないことになります。

母乳の出にこだわるのは悪いことではありませんが、

それ以上に、
絶対に毎日赤ちゃんに必要な量を与えるようにする
というのを忘れないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>